FC2ブログ
-- 最新の記事へ --
孵化終了です。
2020年06月04日 (木) 22:12 | 編集
今年一番の暑さとなった魚沼。日中はこの時期としては高い31度まで気温が上がりました。


さて、先日仕掛けた浅黄の産卵が無事に終了し、野池に移した卵の孵化が終わりました。


結果は余るほどの大量の毛仔を確保!30~40万匹くらいはいるんじゃないでしょうかね。


これだけ居れば予定していた池はすべて埋める事が出来ます。二巡目の仔取り完了です。


残すは麒麟のセットのみ。来週中にはすべての仔取りを終えたい所ですね。順調順調♪



仔取り時期です。
2020年05月29日 (金) 14:45 | 編集
初夏らしい青空が広がっている魚沼。気温はそれ程には高く無く清々しい陽気です。


先週末に一巡目の仔取り作業を終え(孔雀・三色の試し腹です)今日から二巡目に


入りました。今回仕掛けたのは浅黄の本命腹。ちょうど下に写真が載ってますね。


まだ若い親ですが昨年度の当歳は期待が持てる感触でしたから、今年度も順調に


卵を出してくれることを願っています。浅黄が上手くいけば次順で子取り終了です…。



鯉放し終了。
2020年05月11日 (月) 22:17 | 編集
初夏らしい青空が広がった魚沼。ハウスの中は連日うだる様な暑さとなってきました。


先日から始めた鯉放し(”よはなし”と言います。なぜ”よ”と呼ぶのかは不明)ですが


順調に作業は進み、今日ですべての池に鯉を放し終える事が出来ました。特に今年


期待しているのが昨年に新しい若いメスで仔を採った浅黄。自分で言うのも何ですが


メス親はこれまで生産した中で一番の肌質で、頭の白と浅黄地の青、この色合いの


バランスが抜群に良いんですよ。一昨年の全日本では60部牡丹賞を受賞しています。

DPP_0025.jpg

この親の形質が子供たちにどれだけ表れてくれるか…。秋上がりが楽しみです (^^



池入れ開始です。
2020年05月05日 (火) 20:05 | 編集
今日も初夏の日差しが照り付けた魚沼。ここ数日で一気に汗ばむ陽気になってきました。


そろそろ鯉を外に出す時期だなぁとタイミングを伺っていたのですが、野池の水温も十分


温まった事もあって先日から野池に立て鯉を放し始めました。画像は明け三歳の麒麟の


立て池です。越冬ハウスから広い池に出た事で気持ちよさそうに泳いでましたね~(^^


給餌開始は来月上旬くらいにする予定。万全の上がりになる様に今年も頑張ります!

DPP_0022.jpg

DPP_0020.jpg

開花しました。
2020年04月07日 (火) 18:39 | 編集
終日好天に恵まれた魚沼。時折冷え込む日がありますが随分と春らしくなってきました。


さて、ご存じの方も多いとは思いますが先月の若鯉品評会に続いて幼魚品評会も中止と


なってしまいました。昨年度から開催に向けて準備を進めてきましたが新型肺炎の感染


拡大が続き、つい先日には緊急事態宣言まで発令された現状では、開催は厳しかった


様に思います。何とも残念です。しかしながら、インターネット上の品評会とでも言うべき


新イベントの開催も決まりましたし、季節は着実に進んでいきますね。生産時期も迫って


きました。遅咲きの魚沼の桜も今年は早めの開花となりました。癒されますねぇ…(^^

左写真

第51回全日本総合錦鯉品評会結果
2020年02月01日 (土) 14:08 | 編集
二月に入っても相変わらずの小雪となっている魚沼。今日も快晴の空が広がっています。


戦いを終え無事に新潟に帰って参りました。今回和田養鯉場の出品は7本とここ数年では


比較的少数での全日本参戦となりました。結果は80部と20部の浅黄が優勝、25部以下に


出品した麒麟が準優勝、合計6本が入賞とまずまずの結果となりました。麒麟は今回から


変わり鯉での出品となりましたので(=優勝するには紅輝黒龍に勝つ必要がある。厳しい)


4本出してすべて準優勝であればそれなりに評価して頂けたのではないかと感じています。

DPP_0016.jpg

DPP_0017.jpg

あと一歩だったのが80部優勝の浅黄。90部の結果次第では種別優秀賞まであったのですが、


残念ながら今回は優勝まででした。どこまで伸びるかわかりませんが、まだ若いメスなので


今後の成長によっては上位賞も狙えると思います。頑張って仕上げて行きましょうかね。


入賞された皆様おめでとうございます。また会場にお越し頂きありがとうございました。


次は新潟開催の若鯉。三月にまた新潟でお会いしましょう!現地は準備で動いてますよー。

DPP_0019.jpg

DPP_0018.jpg

新年明けましておめでとうございます。
2020年01月08日 (水) 17:46 | 編集
皆様、新年あけましておめでとうございます。本年も新潟より記事を配信していきたいと


思いますのでよろしくお願い致します。さて、そんな今週は今月末に開催される全日本に


向けての出品申し込み期間という事で、新年早々から思いの他慌ただしく動いております。


今回はやや大きな部にも出品があるので、鯉の移動などを考えると中々タフな全日本に


なりそうな予感です。最終的な本数はそれ程多くはならないと思いますが、今から覚悟を


しておきましょうかね。写真は越冬中の麒麟。先日一回目の立て選を終えて大きなマスに


移して飼育を進めている所です。相変わらず餌食いは良いですね。大きくなれよ~(^^



そんな今年の新潟の冬は超が付くほどの極端な小雪となっています。例年であれば


道路脇には人の背丈ほどの雪壁が出来るのですが、今年は一月上旬にも関わらず


ほんの10cm程度の積雪しかありません。今までの経験では考えられない光景ですね。


この所は夏場の猛暑や豪雨などの異常気象ばかり注目されがちですが、雪国に雪が


降らないというのもかなりの異常気象だと感じます。今から夏場が思いやられるなぁ…。

DPP_0015.jpg