-- 最新の記事へ --
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幼魚終了&野池シーズン始まります!
2018年05月03日 (木) 14:31 | 編集
大型連休の後半初日、魚沼では大粒の雨が降っています。少し肌寒いくらいの陽気ですね。


さて、どのくらいの期間休んだかも定かではありませんが久方ぶりの更新です。幼魚関連の


仕事がこの所ずっと続いていたのが、ようやく落ち着いたというのが精神的に大きいですね。


まずは幼魚の結果ですが、今年は少なく7本だけの出品となりましたがその内5本が入賞、


内訳は浅黄が36部・15部・12部でゴールド(36部はベストインエントリードイツ)21部で


シルバー、その他は丹頂18部でブロンズと個人的には十分な内容となりました。出品数も


増えてきている中でこれだけ狙った所で戦えたのは大きいですね。来年も頑張りますよー。



現在は主に二歳・三歳立ての野池の準備作業に追われている所です。ウチは仔取りの前に


全ての立て鯉を泥池に放す様にしています。仔取りだけに集中できる環境を作っておくのが


今時期の一番の仕事ですね。そんな訳で今日は泥に出す予定の鯉を何本か上げてみました。


画像は孔雀のメイン所です。質の良さそうなのを何本か残せたので、今年はオスメス問わずに


それぞれの池で立てていく予定。期待は十分、秋にどんな風に上がるか楽しみです♪ (^^

左ページ写真2018-1

スポンサーサイト
全日本が迫って参りました...
2018年01月23日 (火) 16:50 | 編集
養鯉場通信、久しぶりの更新です。2018年も三週間が経過し新年感が薄れてきました。


関東では大雪となった様ですが大丈夫でしょうかね。慣れない雪道で無理は禁物ですよ。


さて、昨年末から今月に掛けて主に来春に向けた当歳の選別作業を進めて参りましたが、


先日でそれらの作業がようやく一段落しました。あとは池入れ前にもう一度選別予定です。


今年も例年通り浅黄、三色、孔雀辺りが中心のラインナップになりそうですが、新顔として


孔雀系の変わり鯉を作ろうとして出来た紅銀河と小金落ち葉(両方同じ腹から出てます)が


多く残りそうな気配です。メス親は無地なんですけど、不思議と模様が付いたんですよね~。



こちらが小金落ち葉。色合いから言えば張り分けって言っても通じそうな色味をしてますね。


メスは90cmのねづ黄金なので模様さえ飛ばなければ三歳くらいで面白い鯉になりそうです。


今後どんな風に変わっていくか、今年の楽しみのひとつです。バッチリ仕上がります様に…。

2018_3.jpg

そして当然の事ながら来月3日・4日に行われる全日本への準備も進めています。すでに


エントリーは終わり今年は合計で11本の出品となりました。個人的な遊び出品も何本か


入ってますが、2018年の品評会の幕開けがどんな結果となるか…こちらも楽しみですね。


本年も引き続き和田養鯉場を応援の程、よろしくお願いします。さぁ、まずは全日本です!

大急ぎの池上げです。
2017年11月13日 (月) 19:58 | 編集
朝方はやや冷え込みましたが終日好天に恵まれた魚沼。今日は絶好の池上げ日和でした。


さて、そんな訳でここに来て池上げの追い込みを掛けております。普段ならば十一月半ばの


この時期は全ての池上げが終わり一段落している頃合ですが、今年は二毛作の池上げが


影響したため作業がここまでずれ込んでしまいました。早め早めに動いてきたつもりですが、


やっぱり思い通りには進まないもんですね~。今日の野池は主に預かりなどを放していた


メインの野池。冷夏の影響が無いか心配してましたけど、全体的にちょうど良く肉も入って


ましたし上々の上がりじゃないかと思います。これで残すは親池のみ。もう一頑張りです。

IMG_4995.jpg

お気に入りの浅黄も4歳72cmとちょうど良く伸びてくれました。当歳時のジャンボ飼育無し、


冬場の給餌無しの条件下ですので結構良いペースですね。順調に良くなります様に…(^^

四歳72cm

秋の合同売り出し明日開催です!
2017年11月04日 (土) 12:15 | 編集
途切れ途切れながらですがやや強めの大雨が振っている魚沼。明日の天気が心配です。


さて、明日11月5日は魚沼周辺地域の錦鯉生産者組織、越後九人会メンバー有志による


恒例の秋の合同売出しが道の駅「深雪の里」にて9:00~15:00の予定で行われます。


毎回何を出そうかな~と悩むところなんですが、今回、和田養鯉場からは今年新しい親の


組み合わせで採った三色が予想以上にいい感じに上がりましたので、そちらをメインにした


構成で行きたいと思います。三色だけでは寂しい感じもするので、他には変わり孔雀などを


少数ですが持って行こうと考えています。毎回雨に見舞われる売り出しですが果たして…。


売り出しに関するお問い合わせは各生産者へ気軽にご連絡下さい。ご来場お待ちしています。


※参加生産者
・田沢養鯉場、智養鯉場、兼蔵養鯉場、丸由錦鯉の大平、斉藤養鯉場、和田養鯉場



第37回魚沼市錦鯉品評会閉幕!
2017年10月14日 (土) 22:38 | 編集
薄曇りの空から時折晴れ間が覗く空模様となった魚沼。今日は絶好の品評会日和でした。


さて、秋の恒例イベント第37回魚沼市錦鯉品評会が無事に終了致しました。夏の豪雨の


影響も心配されましたが、全体の出品数も244本と昨年より微増の開催になりましたね。

IMG_43581.jpg

和田養鯉場からは40部出品の孔雀が若鯉総合優勝を獲得するなど品評会シーズンの


滑り出しとしては上々の結果となりました。本日魚沼に足を運んで頂いた皆様に感謝。


次は月末開催の新潟県農業祭が舞台となります。そちらもいい結果が出ます様に…。

IMG_4432.jpg

■40部孔雀:若鯉総合優勝

IMG_4322.jpg

品評会の準備でバタバタしてきましたがまずは一段落です。明日からの池上げ頑張るぞ~。

IMG_4399.jpg

第37回魚沼市錦鯉品評会ポスター完成!
2017年09月21日 (木) 08:55 | 編集
全国的に晴れている様ですが朝から土砂降りとなっている魚沼。ピンポイントです。


冷夏の生育遅れを取り戻すためにも少しでも長く残暑が欲しいのですが...むむ…。


さて、先月から丸々一ヶ月ほど放置しておりましたが仕事自体は進んでおります。


現在は二毛作の二選が間もなく終了する所まできました。選別作業が終わり次第


当歳の池上げ作業を始める予定です。ここからは更に季節が早く進むんですよね~。


そんな中で先日、第37回魚沼市錦鯉品評会のポスターが完成致しました。今年は


来月中旬と例年に比べるとやや遅い10月14日(土)開催という日程になっています。


9時より審査開始、11時~14時までが一般公開・出品鯉の斡旋という日程ですので


当日はぜひ魚沼まで足をお運び下さい。多くの皆様のご来場をお待ちしております!

the37thUonumashiKoishow (2)

写真は三選を終えたねづ黄金×孔雀の変わり鯉。見た目は完全に孔雀寄りですが、


元黒を持っていたり松葉の葺き方が異なっていたりと中々に面白い雰囲気の鯉です。


これらがどんな風に仕上がるか、池上げが楽しみです。今年の切り札となるかな?笑

IMG_3352.jpg

一次選別終了しました。
2017年07月26日 (水) 21:52 | 編集
先週から続いた悪天候もやっと収まった魚沼。今日は久しぶりに太陽が顔を覗かせました。


さて、今月上旬の大雨に見舞われたばかりの新潟に去る18日、またしても凄まじい豪雨が


降ってしまいました。恐らくはまだ調査段階で正確な被害の状況が発表されていませんが、


小千谷・川口・堀之内・小出などの地域で農地や養鯉池にかなりの被害が出た模様です。


つい先日は佐渡地域が同様の豪雨に見舞われました。この雨で当養鯉場では一部の池が


溢れた程度で事なきを得ましたが、自然の驚異は年々強まるばかりの様な気がしますね…。


そんな中でも選別作業は日々進めていたのですが、浅黄・銀鱗浅黄・三色・銀鱗三色・昭和、


二・三順目で採った品種の選別がすべて終わり、本日一次選別を終了する事が出来ました。


今回は稚魚の様子をまとめてお伝えしてみようと思います。面白いのがいましたよ~(^^



今年の昭和はこんな感じになりました。初腹ですが丸天系の模様の魚が多く居ましたね。

IMG_2912.jpg

二順目で採った三色。昨年と組み合わせを変えて採っていますがそこそこは残せました。

IMG_3029.jpg

上と同じ腹の中にやたらと模様の良いトビ(=他の稚魚よりやたら大きい稚魚)が居ました。


通常のサイズが概ね3~4cm程度に対してこの丸天は10cm近くにまで伸びていましたね。


まだ一選なのでどう変わるかわかりませんが、秋までの成長を楽しみにしたいと思います。


除草など必要な作業を終えたらすぐ二選を始める予定。今後は一気にスピードアップです!

IMG_3024.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。