-- 最新の記事へ --
一次選別終了しました。
2017年07月26日 (水) 21:52 | 編集
先週から続いた悪天候もやっと収まった魚沼。今日は久しぶりに太陽が顔を覗かせました。


さて、今月上旬の大雨に見舞われたばかりの新潟に去る18日、またしても凄まじい豪雨が


降ってしまいました。恐らくはまだ調査段階で正確な被害の状況が発表されていませんが、


小千谷・川口・堀之内・小出などの地域で農地や養鯉池にかなりの被害が出た模様です。


つい先日は佐渡地域が同様の豪雨に見舞われました。この雨で当養鯉場では一部の池が


溢れた程度で事なきを得ましたが、自然の驚異は年々強まるばかりの様な気がしますね…。


そんな中でも選別作業は日々進めていたのですが、浅黄・銀鱗浅黄・三色・銀鱗三色・昭和、


二・三順目で採った品種の選別がすべて終わり、本日一次選別を終了する事が出来ました。


今回は稚魚の様子をまとめてお伝えしてみようと思います。面白いのがいましたよ~(^^



今年の昭和はこんな感じになりました。初腹ですが丸天系の模様の魚が多く居ましたね。

IMG_2912.jpg

二順目で採った三色。昨年と組み合わせを変えて採っていますがそこそこは残せました。

IMG_3029.jpg

上と同じ腹の中にやたらと模様の良いトビ(=他の稚魚よりやたら大きい稚魚)が居ました。


通常のサイズが概ね3~4cm程度に対してこの丸天は10cm近くにまで伸びていましたね。


まだ一選なのでどう変わるかわかりませんが、秋までの成長を楽しみにしたいと思います。


除草など必要な作業を終えたらすぐ二選を始める予定。今後は一気にスピードアップです!

IMG_3024.jpg

一次選別進行中です…。
2017年07月12日 (水) 21:51 | 編集
梅雨明け宣言はありませんが連日の猛暑が続いている魚沼。先日は35度を越えました。


炎天下での外仕事は命取りになるため最近は早朝に網引き、日中は選別作業といった


流れで仕事を進めています。今月上旬の豪雨では小千谷の山間部や柏崎の方で被害が


出た所があった様です。数年前は魚沼でも似た様な水害が起きましたし、近年の自然は


振れ幅が大きすぎて読めません。これまでの経験が宛てにならないのは怖いですね…。


さて、雨で開始が遅れていた一次選別作業ですが、先週末から少しずつ進めています。


現在は一順目で採った三色や孔雀の一選が終わり、今日から二順目で採った浅黄など


10面分の選別に取り掛かっています。雨の期間は池の管理に追われて散々でしたが、


それまでが大きな天候の崩れも無く気温も上がったため稚魚の成育状況は良好です。



こちらは先日選別した三色。新しい系統の腹になりますが、墨は結構しっかりしてますね。

IMG_2825.jpg

今日選別した浅黄。こちらも昨年からカナを一本変えています。一選では赤松以外は肌の


白い奴しか残さないのですが、全体の数に対して白い奴がそれなりの数拾えた感じですね。


明日からは銀鱗浅黄・別腹の三色・昭和・銀鱗三色などの品種を引き続き選別していく予定。


本格的に忙しくなってきました。暑さに負けず日々の作業をしっかりこなしていきますか…。

IMG_2867.jpg

三順目が終了しました。
2017年06月23日 (金) 22:09 | 編集
先日の梅雨入り宣言後も一向に雨の降らない日が続いている魚沼。完全な空っ梅雨です。


山からの清水も随分減ってきました。本格的な夏の前にそろそろ一雨欲しい所なのですが…。


さて、仔取り作業もいよいよ終盤戦。現在は先日仕掛けた三順目の子取りが終了しました。


今回採ったのは別腹の孔雀と昔黄金、そして毎年作っている浅黄系の変わり鯉の三品種。


今年の変わりは浅黄×ねず黄金を仕掛けてみました。どんなのでるかなーコレ 笑。要は


光る浅黄が作りたくて、最近の名前で言えばメタリック浅黄?みたいなイメージでしょうか。


下の画像は人工で採った孔雀の卵です。こういう少しあれば十分という様な品種に限って


なぜか物凄い受精率になるんだよなー。パッと見で九割以上は生きてますよねぇ…(^^;


中の毛仔も卵の中で元気に動き回ってますので明日くらいには孵化が始まりそうです。


空いている稚魚池はあと三枚。今回の分で全ての池は埋まるかな。順調に進行中ですよ~。



順調に進んでおります。
2017年06月16日 (金) 22:01 | 編集
六月とは思えない肌寒い陽気となった魚沼。雨も少なく池の管理が難しい日々が続きます。


さて、前回の更新から少し間が空いてしまいましたが仔取り作業は順調に進んでおります。


先週末に二順目の浅黄・銀鱗浅黄・三色・銀鱗三色・昭和を仕掛け、今日で全ての毛仔の


池入れが終了しました。ここ最近の冷え込みが影響している様で孵化まで時間が掛かり、


孵化後も毛仔の伸びが悪いなど例年と勝手が異なる部分はありますが、これまでの所は


どの品種も卵を取りたい親で仔取りを行う事が出来ました。内容としては良い方ですね。



孵化後三日目の浅黄の毛仔。銀鱗・通常の浅黄共に今年は更に池の面数を増やしました。

IMG_2687.jpg

こちらは一巡目で取った三色の毛仔。池入れから約二週間が経過した所ですが、例年より


伸びが悪いですね。もう少し気温が上がって欲を言えば日が当たってくれるといいんですが、


池の水温が上がらないため追肥の時期や量などいつもより神経を使って様子を見ています。


これで残すは今月末の光物の仔取りを残すのみ。最後まで上手く行きますように…(^^

IMG_2702.jpg

朝方まで掛かりましたが…
2017年05月28日 (日) 22:36 | 編集
ここ数日に比べればいくらか天候の回復した魚沼。今日は束の間ですが陽射しもありました。


さて、先日にセットした第一陣の仔取りが終了しました。いずれのペアも夜の12時過ぎ辺りに


産気づき、順調に終わりそうだなーなどと思ったのが災いしたのか結局産み始めたのは朝方


五時頃でした。卵と白子を取りきんらんに振り終わったのが昼近く。今回は長丁場でしたね。


まぁ本命のメスが一晩で産んでくれただけで正直ありがたいです。よく頑張ってくれました。



三色は期待していた程には卵が採れず孵化率次第。どうもこのメスは卵を産むのが苦手な


タイプみたいですね。また来年に期待です。孔雀は十分な量の卵が採れたので一粒残さず


きんらんに振って作業終了。あとは孵化を待つばかり。順調に育ってくれるといいんだけど。

IMG_2579.jpg