-- 最新の記事へ --
ご挨拶
2010年12月08日 (水) 19:22 | 編集
和田養鯉場通信に足をお運び頂きありがとうございます。当ブログを配信している


筆者「ベン」こと和田卓です。和田養鯉場の五代目生産者として養鯉業に携わり出して


まだ日は浅いですが、今日では世界中に熱烈なファンを持つ日本有数の伝統工芸品


「泳ぐ宝石」こと錦鯉が、一体どの様に生産され社会に送り出されるのか、生産者は


どのような事を考えながら生産現場に立っているのかといった事を皆様に伝えるべく


2010年の秋から隔日更新のペースでブログ記事を配信しております。これが私です。

_MG_66710002.jpg

皆様が「錦鯉」と聞いてパっと頭に思い浮かぶのはどのような事でしょうか。一匹が


物凄く高そうとか、あるいは赤・白・黒のカラフルな魚のイメージが思い浮かぶのでは


ないかと思います。そういう意味では、錦鯉は既に相当に高い認知度を誇っています。

■ 野池を泳ぐ錦鯉。春先から初夏に掛けて泥池に放した直後に見られる光景です。
2015_353.jpg

しかしながら、実際に水槽や庭池で錦鯉を飼った経験がある方となると今度はかなり


その人数が限られてくるというのが現在の日本における実情ではないかと思います。


「錦鯉って庭じゃないと飼えないんでしょ??」というのは実際、私自身が様々な所で


錦鯉の話をさせて頂く際にかなりの頻度で頂くご質問のひとつなのですが、鯉の場合、


自身の成長速度を入れ物に合わせる様な性質があるため広い池に放せば大きく丸々と、


小さな水槽に入れれば長期間小さなままでという具合に、飼育方法によってある程度


その大きさを調節する事が出来ます。また全ての錦鯉が高価という訳では決して無く、


一尾数百円という商品もペットショップやホームセンター等で普通に流通しています。

■ 鯉の表情を間近で見れるのも水槽飼育の魅力のひとつ。カワイイんですよ~ 笑
2015_356.jpg

2015_357.jpg

その他に200年以上も生きた鯉の話や、今では100種類を越える品種改良の歴史だとか、


面白い話題に事欠かないのが錦鯉の世界なんです。意外と楽しそうじゃありませんか?

■ 品種改良の系統図。真鯉始まりの左端から右端までで大体250年くらいだったかな。
2015-105.jpg

ただ大変に残念ながら、こうした錦鯉にまつわる数々の話題も例えば近所に仲の良い


養鯉場(=ヨウリジョウ。鯉の生産・販売を行う施設)があったり、家族の誰かが実際に


錦鯉を飼っていたりという様な状況でも無い限り、多くの方が実物に触れたり、錦鯉を


知ろうとする機会そのものが現状はほとんど無いんですよね。例えばファッション誌を


見ていて鯉の記事が目に入るなんて事は無い訳です。あれば絶対に目立つのになー 笑

■ 業界紙のひとつ鱗光。私はここで新潟通信という連載を書かせて頂いています。
2015_358.jpg

2015_359.jpg

なんて勿体ないんだ!これが私が家業を継ぎ、仕事を通じて錦鯉や業界の事を色々と


知っていく中で強烈に芽生えた錦鯉や鯉の生産者という仕事に対する率直な印象です。


100種類を越える品種のバリエーションがあり、低価格から高価格帯までの商品があり、


世界中に熱烈なファンが居て、大きくも小さくも飼えて、優雅さと愛らしさを備えた観賞魚、


それを生み出す生産者の技術力…。どれひとつ取ってもそこに至るまでのストーリーが


自然と溢れ出てくる様な逸材の存在が、これ程まで世間に伝わっていないのはもはや


大きな社会的損失なのではないか…。少し大げさですがそんな風に思えてなりません。


ひとつ確信的に言えるのは、まだ誰も手を付けていない錦鯉を通じて出来る面白い事が、


いくらでも数限りなくあるという事です。もの作りを生業とする人間にとって、これ程燃える


状況というのはそうあるものではありません。そのためにも、日々錦鯉の飼育技術を磨き


自身の経験と見識を深め、広く世間に魅力を伝えるための手立てを講じ、実行していく事。


これが現在の私の理想の仕事像となっています。錦鯉発祥の地、新潟で数百年に渡って


受け継いできた文化を更に深化・発展させるために自分に何が出来るか。常に体と頭を


フルに使って考えて行こうと思います。ささやかですが、その様子を今後もブログ上にて


綴って参りますので引き続き応援の程、よろしくお願い致します。  2015年 和田 卓


ベンの制作物
2010年09月26日 (日) 17:26 | 編集
ご挨拶を経てこちらにお越し頂いた方、興味を持って頂き本当にありがとうございます。


また何かの縁でうっかりこの記事に入り込んでしまった方、リンク踏み合うも多少の縁、


どうか時間の許す限りゆっくりしていって下さい。この記事内ではベンとして活動した


制作物を時系順に載せています。要は下に行くほど最近のワークという事になります。


作品の方は不定期で追加していきますので、気が向いたらまた覗きに来て下さいね。



赤橙(せきとう) … 和紙の照明器具 ( 第13回美濃和紙あかりアート展出展 / 2006 )
赤橙



Rubbish Stool … 古新聞の椅子 ( 第1回コニカミノルタエコ&アートアワード展プロダクト部門入選 / 2009 )
rubbish stool



Amagumo … 雲形シロップ入れの提案 ( 第1回クリエイティブコンペティション1000cc最終選考 / 2010 )
amagumo10001.jpg



ごくらくごくらく … 写真作品 ( キタムラフォトコンテスト2011春夏 キタムラ賞入選 / 2011 )
_MG_6667.jpg



こめこ … 籾殻を使用した立体作品 ( 第3回コニカミノルタエコ&アートアワード展ビジュアルアート部門入選 / 2012 )
_MG_6012.jpg
_MG_6022.jpg




and more …



興味があればとにかくどんなジャンルでも顔を出してみる!という事で様々なコンペに


プランを出品してきましたが、選考を突破するのは主に立体やプロダクト関連の作品が


多いですね。並べてお見せするには全く作品数が少ない様な気もしますが今後徐々に


作品は増えていく予定ですのでそうした事はひとまず気にしない事にしようと思います。


自身が選び取った環境化で何を学び、考えて、具体的な形にするべく行動をしていくか。


常に他者と異なった視点からの回答を求められるのは養鯉も作品制作も同じ事ですので


どちらも自分なりの価値観や信念に基づいて今後とも活動を続けて行こうと思います。