-- 最新の記事へ --
魚沼写真百景2012年3月
2012年04月01日 (日) 01:55 | 編集
友人の結婚式に出席するため二日間ほど出かけてきました。帰り道ではこの時期としては


まさかの吹雪に見舞われ改めて魚沼の気候の荒々しさを痛感した次第です。他県からは桜の


便りが届き出しているというのに本当、いつまで雪を降らせれば気が済むんでしょうか… (--;


春が来たかと思えば冬の名残がチラホラ。一ヶ月を写真で振り返る魚沼写真百景3月編です。


3.1


3.2


3.5-1


3.5-2
2012_164.jpg

3.6
2012_167.jpg

3.7
2012_168.jpg

3.8


3.9


3.10


3.11


3.12


3.13


3.14


3.15


3.16


3.17


3.18


3.24


3.26


3.27


3.28
2012_232.jpg

3.29


3.30 

晴れの日に立ち合わせて貰った二人には本当に感謝!私個人としてはウェルカムボードの


作成という普段まずやらない平面の依頼を授かりましたが、おかげでいい経験が出来ました。


未知の事に挑戦する機会を与えてくれた二人とも、どうか末永くお幸せに!写真後で送るね♪




振り返ってみれば晴れ・雨・雪の三拍子の繰り返しで出来た様な一ヶ月でしたが、それでも


最近では春らしい暖かな日が増えてきました。雪が溶けた場所から順に新緑に覆われていく


里山は見ていて清々しい気持ちになりますね。今後慌しさは増す一方ですが、些細な季節の


変化にも気付けるような心の余裕を持ちながら日々を過ごす事を忘れないでいたいものです。


魚沼の桜が咲くのは例年では四月下旬頃。当分はそれを楽しみにしていようと思います (^^

魚沼写真百景2012年2月
2012年02月29日 (水) 19:21 | 編集
朝は小雪がチラつく空模様だったものの、午後からは雪雲も晴れ一時は青空が広がった魚沼。


先程はまさかの「下書き」表示にズッコケそうになりましたが気を取り直して行こうと思います。


先月分の写真を見ながら、結局2月も除雪に追われていたなぁ…なんて事をふと思いました。


目の前の作業に集中していると一ヶ月前どんな風に過ごしていたか、なんて案外忘れている


ものですね。元々は今日の一枚を埋もれさせないために作ったこのカテゴリですが、結局は


自分が一番楽しんでいる様な気もしますね。大雪との戦いが続いた二月の魚沼の風景です。


2.1


2.2


2.3


2.5


2.6


2.7


2.8


2.9


2.11


2.13-1


2.13-2


2.14


2.15


2.16


2.19


2.20


2.22


2.23


2.24


2.25
2012_153.jpg

2.26


2.28


2.29

今日の一枚。意図した訳ではないものの、並べてみれば見事なくらい肌寒い画が並んでいて


自分事ながらよっぽど今月は寒かったんだと思います。普段瞬間的にこれを撮ろう!という


風にかなり感覚的に写真を撮っているためか、ここに並んだ写真を見ているとその時に自分が


感じていた事などが画面からはっきり伝わってくる気がします。一月後、一年後、十年後…。


撮ってから時が経つ程に一枚の写真が持つ意味合いというのは変わって行くのかもしれません。


何年後かに今撮っている景色がどういう風に見えているのか。結構、楽しみだったりしますね。


見事なくらいに凍結された草木で締めるのも今月としては相応しいかも。早く暖かくなれー。

_MG_6307.jpg

魚沼写真百景2012年1月
2012年02月29日 (水) 18:50 | 編集
さて、月末だし今月も写真百景を…なんて作業し始めた所、先月分が下書き扱いに


なっていた事がたった今発覚…(--;。ひとまずは先月分の魚沼写真百景からどうぞ↓


早いもので今日で一月も終わり。今月中はずっと除雪に追われていた気がします。


今回は月末恒例、写真で一ヶ月を振り返る魚沼写真百景1月編なのですが、今月に


関しては並べる前から何となくどんな色合いの画が並ぶか想像出来てしまいますね。


平成18年の豪雪を上回る勢いで降り続く雪に誰もが翻弄された一月の記録写真です。

1.1
2012_0.jpg

1.3


1.6-1


1.6-2


1.10


1.11


1.12


1.13


1.14


1.15
2012_18.jpg

1.16


1.18


1.19


1.20


1.21


1.22


1.23
2012_34.jpg

1.24


1.25


1.26


1.27


1.28


1.29


1.30


1.31 

今日の一枚。除雪中の風景をカメラに収めようとしていた時、突如として背中側から


地響きの様な音が聴こえました。背後を振り向くと同時に反射的にシャッターを切って


撮れたのがこちらの一枚。屋根から張り出ていた雪庇が一気に崩れ落ちてきたのです。


幸い大きな塊は少し手前に落下したので大事には至りませんでしたが、あと数メートル


屋根に近い位置に居たらと考えるとゾッとします。油断は禁物、改めて認識しましたよ。



案の定、今月は屋外で撮影した写真が少なかったですね。さぁカメラを持って外へ…


などとはとても考えられないくらい今月は荒れた日が多かった気がします。今週末で


この寒波も峠を越えるとの事ですが、高齢者の多い山間部の集落などでは除雪の手が


足りず限界に近い状態となっています。これ以上降るな、と願わずにはいられません。


人も鯉も無事にこの豪雪を乗り越えなければ。2月は少しでも暖かくなります様に…。

魚沼写真百景2011年12月
2012年01月01日 (日) 22:00 | 編集
この時期に珍しい青天の空が広がる元旦を迎えた魚沼。皆様いかがお過ごしでしょうか。


すっかり年も明けてしまいましたが、ふと思い返せば昨年に遣り残したことが早速ひとつ。


大晦日の更新に気を取られすっかり忘れてしまっていました。そう、魚沼写真百景です (^^;


毎月の後半に一ヶ月を写真で振り返るこのカテゴリ、年をまたいでしまうとは不覚でした。


後半の寒波のためほとんど雪の記憶しかありませんが、先月は一体どんな月だったかな。

12.1


12.2
2011_148.jpg

12.3


12.4


12.6


12.7


12.8


12.9


12.10
2011_172.jpg

12.11


12.13


12.14


12.15


12.16


12.18-1


12.18-2
2011_188.jpg

12.19


12.20


12.21


12.22


12.23


12.24


12.25
2011_205.jpg

12.26
2011_206.jpg

12.28
_MG_1606.jpg

12.31


並べてみると冷え込みが厳しくなってからは青や真っ白な写真が多い事に気づきます。


私の場合、写真を撮る際はその時の気分や直感で色味などを決める事が多いのですが


雪の舞う寒空の下でシャッターを切り続けるとこんな感じの色構成になるんでしょうね 笑


まだまだ冬は始まったばかり。今月末はもう少し暖かい画が並んでくれているといいな。

魚沼写真百景2011年11月
2011年11月30日 (水) 19:35 | 編集
ここ数日は過ごし易い陽気が続いていた魚沼ですが、今日は朝から冷たい雨が降り付け


冬らしい肌寒い一日となりました。これ以上荒れないといいのですが、どうなる事やら。


「月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり」かの大俳人、松尾芭蕉はかつて


奥の細道の冒頭をこのような言葉で書き記しています。過ぎ行く時の速さに想いを馳せた


彼の言葉は今日を生きる私達にも深く迫ってくる哀愁を湛えているのではないでしょうか。


刻々と移り行く時の流れ。それらを日々の写真で振り返る魚沼写真百景、11月編です。

11.1


11.2


11.4


11.6-1


11.6-2


11.7


11.8


11.9


11.11


11.14-1


11.14-2


11.15


11-16


11.17


11.18


11.20


11.21-1


11.21-2


11.23


11.24


11.27


11.28
2011_136.jpg

11.29


11.30

今日の一枚。一向に降り止む気配を見せない雨を裏庭にて恨めしそうに見上げていた所、


およそこの時期には似つかわしくない小さな薄紅色の花を見つけました。調べたのですが


残念ながら花の品種まではわからず。母曰く、どうやら本来は春に咲く植物なんだとか。


暖かな陽気で冬が過ぎ春が来たと錯覚したんでしょうか。なんだか切ない勘違いですね。



年が明けた頃には長い様に思えた一年も気付けば残り一ヶ月となってしまいました。


振り返れば達成できた目標もある一方で至らなかった点も多々あったように思います。


終わり良ければ、ではありませんが、ひとつでも当初の目標に近づくため足掻くのに


一ヶ月という時間は十分過ぎる様にも思います。一年の節目を出来るだけ気持ち良く


迎え入れてやるためにも、最後まで気を引き締めていきましょう!さぁ来い12月!