-- 最新の記事へ --
相棒帰宅
2011年03月31日 (木) 18:32 | 編集
曇り空から時折あられが降りつける荒れ模様となった今日の魚沼。まだまだ寒い日が続きますね。


一日で冬と春が入れ替わる天候にやられたのか、ここ何日間かどうも体の調子が良くありません。


昔から人一倍喉が弱い自分。こういう時節はとにかく体調管理に気をつけなくてはいけないですね。


さて、先週の頭にメンテナンスに出した一眼がようやく今日手元へと戻ってきました。



コンデジに比べればかさばるものの、やはり使い慣れた道具は持っていて落ち着きますね。


どうせなら綺麗な状態のカメラで辺りを撮りに出かけたかったのですが、いかんせんこの悪天候。


遠出するのもなんだかなーなんて考えながら歩いていた所、足元に春の知らせを見つけました。


春の味覚の代表格フキノトウ。天ぷらや味噌あえにすると、ほろ苦くて美味しいですよね。

_MG_28130001.jpg

どうもこいつはフライング気味に出てきたようで、ポツンとひとつだけ畦道に生えていました。


辺りの雪が解けると、里山はこういったフキノトウをはじめとする山菜の季節となります。


こごめ、タラの芽、木の芽、ぜんまい、わらび、菜の花…考えるだけで春の匂いがしてきますね。


同じ山菜でも冬を雪の下で過ごした方が柔らかく美味しい山菜になるというから不思議ですよね。


厳しい環境を耐えた方が、より美味しい実を結ぶ。なんとも勇気付けられる話じゃありませんか。


来るべき時にしっかりと根を伸ばす為にも、今日は暖かい生姜ドリンクでも飲んで早く休もっと。