FC2ブログ
-- 最新の記事へ --
マル天はどこへ消えた?
2011年08月30日 (火) 21:31 | 編集
朝から強い日差しが照りつけ夏らしい陽気となった魚沼。まだまだ暑い日が続きますね。


夏の終わりに思い出す事といえばやはり夏休みの宿題。工作以外の宿題は全部まとめて


登校日の二~三日前に片付けたものです。ドリルの答えを必死に写したりしてたなぁ 笑


今日の一枚。仕事からの帰り道、道端にふと目をやるとねこじゃらしが揺れていました。


こうして記事を書いていても、外から聞こえてくるのは鈴虫などの秋の虫達の歌声です。


暑い暑いと言っている間に、季節は着々と移ろっていたんですね。光陰矢の如し、か。



さて、八月も明日でもう終わりですが、稚魚池の選別作業はまだまだ続いています。


今日選別作業を行ったのはウチでは最も面積が大きい稚魚池。これだけ広いと奥から


網を引いてくるだけでも一苦労なんです。鯉の仕上がり自体は結構いいんですけどね。

_MG_1650.jpg

いつも通り池の脇にて選別開始。この池はこれが二次選別ですので、始めてしまえば


一回目ほど作業に時間は掛かりません。魚も大きくなっているので判別も楽ですしね。

_MG_1652.jpg

こんなのが居ました。墨の出方次第では結構面白そうな鯉になりそうな気がします。

_MG_1662.jpg

しかしながら、以前に網を引いた際にはもっと段模様なんかが結構見られたのですが、


今回網を引いた中にはほとんど見られず。マル天の小奇麗な鯉とかも居たんだけどな…。
※マル天(=頭にポーンと日の丸がある模様の鯉の総称。見た目に美しく好まれやすい)


もっとも一回の網引きで全ての鯉が中に入るかと言うとそんな事はほとんど無いので、


引き残しの中にいてくれる事を祈るばかりです。まぁ、錦鯉はなんせ生き物ですので


外敵にやられて目当ての鯉が池から上がってこないなんて事はよくあるのですが…。


しかもどういう訳か「こりゃーいいぞ!」と思っていた鯉ほど秋に上がってこなかったり


するんですよ。段模様などの鯉は目立つために外敵に狙われやすかったり、体質的に


雑な鯉達より少し弱いためだろうと推測していますが、生産者泣かせな話ですよね。


今日引いた分で残る二次選別は白写りのみとなりました。こちらも近日中に引いて


池をすっきりさせておきたいところ。台風が来るまでになんとか終わらせなければ…。