-- 最新の記事へ --
選別作業
2012年12月30日 (日) 20:16 | 編集
いつの間にやら外は屋根を叩く音が聞こえてくる程の大雨となりました。予報ではこの雨が


夜の間に雪へと変わるそうなのでまた少しは積もりそうです。お手柔らかに降ります様に…。


さて、近付く年始の銘鯉展に向けて今日は当日会場に持って行く鯉を選び出す選別作業を


行いました。当初は様々な質の鯉を泳がせて個別に販売するつもりでいたんですが、先日


会場の様子を伺った限りではそれよりも販売価格を統一しておいた方が見る側にとって鯉を


選び易いというお話でしたので、初参加の今回は一万円という価格を設定する事にしました。


ある条件化で鯉を選ぶというのは中々難しく(鯉の美的価値は人によって全く異なるので…)


当然、上下をバッチリ切って緋盤の合間に壷墨がバシッと決まって…となれば販売価格も


それに応じたものになってしまいますし、だからと言ってあまりに魅力の乏しい鯉を並べても


見ていてつまらないですからね。そのため今回は「緋盤は面白いけど墨が足りない…」とか


逆に「墨が落ち着けば化けるかも?」などの、言うなれば「一癖がある鯉」を念頭に置きつつ


選別を行ってみました。これが吉と出るか凶と出るかは今の所はちょっと未知数なのですが、


まぁ最悪話の種くらいにはなるかな~と考えてます。はてさて、当日はどうなる事やら… (^^;



今日拾った鯉達の一部。全体のバランスを見つつ当日までにもう少し選んでみようかな~。

2012_1008.jpg