-- 最新の記事へ --
むむむ…?
2013年06月29日 (土) 19:01 | 編集
通り雨を降らせながら入道雲が流れていく魚沼の空。この蒸し暑さにも幾分慣れてきました。


さて、仔採りを終えた後はスパイダーマン顔負けな位に野池で糸を張り続ける日々が続いて


いる訳なのですが、今回は産卵に使った池についての話題をお届けしてみたいと思います。


この池は養鯉場からの距離が最も近く常に山からの清水を取れる事から毎年産卵池として


使っている池なんですが、産卵が終った後はそのまま稚魚池として使う事が多いんですね。


小さい池の割に結構当歳の上がり具合が良いんでウチでは大変重宝してる池なんですが、


今年はなんだか他の池に比べて稚魚の育ちが少し遅い気がするんですよね。水温などの


池のコンディションが他の池と大差無いのに育ちが遅い時は大体は稚魚の数が多かったか


水中の餌(=主にミジンコなど。鯉の稚魚は孵化後しばらくはそれらを食べて成長します)が


足りていないかのどちらかを疑う事になります。放した稚魚の回収は不可能なので今回は


水中にミジンコを湧かせるためのけいふんを通常の倍程度入れて様子を見る事にしました。


2日もすればワラワラとミジンコ達が湧いてくると思うんですが…。果たしてどうなるかなー。



ここに入れてある浅黄の稚魚。気にし過ぎかもしれないんですがちょっと小さいんですよね。


浅黄は他にも放してあるので問題ありませんが、これで少しは追いついてくれるといいな~。

2013_565.jpg