-- 最新の記事へ --
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三本の矢…まで欲張っていいものかな?
2013年12月30日 (月) 19:02 | 編集
終日穏やかな晴れ間が広がった魚沼。吹雪の中で年越しとなった昨年とはエライ違いです。


先日の内にあらかた生簀周りの除雪を済ませておいた事もあり、今日は割とゆっくりした


一日を過ごす事が出来ました。ほぼ自然に近い環境の(水が地下水なので水温はやや高め)


立て鯉生簀でも、今日はいつもより水が温まったためか水面付近を活発に泳ぐ鯉達の姿が


目立ちましたね。いつもならば泳ぎに異常が無いか確認したらすぐに生簀を出るんですが、


今日は来年の事なんかを考えながら少し長めに滞在。浅黄・三色中心で仔採りをやるのは


もう決めているんですが、それに加えて採ろうかどうしようか考えているのがこの白写り。


種別日本一を採った白写りの小雪が亡くなって以降はこれといったメスが居なかったんで


採るのを控えてたんですけど、来年は小雪の子供で明け5才になる(少しは卵を出すハズ)


この写真手前の白写りが居るのでほんの少しくらいは試し腹で採ってみたいんですよね。


墨と肌の質はいいのでこんな感じの仔を出してくれれば最高なんですが、ウチの稚魚池の


枚数を考えると何かを削らないと少し厳しそう。三本目の矢までを見るのは欲張りかな~。



こっちは最後の小雪世代の三歳。こいつも質がいいのでゆくゆくは親に出来たらいいね。

2013_1073.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。