-- 最新の記事へ --
ベトナムの旅 ⑤
2014年01月31日 (金) 22:21 | 編集
ベトナムの旅四日目。ついに迎えた品評会本番当日の朝。審査開始時間よりも少し早めに


会場入りを済ませ、気合を入れるべく一同垂れ幕の前で記念撮影。緊張感が高まります。


審査を始める前に少し待ち時間があったため、その間に各自プールを確認して回る事に。


出品された鯉の内訳としては御三家の当歳が最も多く、次いで紅白と昭和の二歳・三歳、


それらに混じって孔雀や菊水、黄金といった光物が続き、落ち葉などの変わり鯉が少数


出品といった具合でした。予想していましたが浅黄の出品はありませんでしたね (^^;


眼光鋭い伊佐さん。1本1本丁寧に目を通して行きます。
2014_146.jpg

2014_150.jpg
大きな鯉のプールの前には常に人だかりが出来ていました。物凄い注目度でしたよ。
2014_152.jpg

そうこうしている間に時間となり、アナウンスと共にいよいよ審査開始。今回は全体総合


優勝を三色・紅白・昭和の御三家の中から1本、それ以外の品種の中から一本と、二本の


全体総合優勝を選ぶ事になっていたため三人でまずそれらの鯉を決める事になりました。


ひとつずつのプールを回り、全体総合に該当する80部の鯉同士を見比べた上でどの鯉が


最も美しいかの協議を重ねていきます。そうした審議を経た後、今回は御三家の部では


写真左の紅白、御三家以外の部では黄鯉をそれぞれ全体総合優勝に選ばせて頂きました。

2014_153.jpg

2014_154.jpg
こちらが御三家の全体総合優勝に輝いた紅白。他二本もそれぞれ上位入賞となりました。
2014_158.jpg
もうひとつの全体総合優勝はこちらの黄鯉に決定。
2014_172.jpg

全ての審査が終了する頃には辺りにはこれだけの来場者の皆さんが集まってくれました。


全体総合優勝やその他の入賞鯉のプールを中心に賑わっていましたが、この日に初めて


日本の錦鯉を目にしたという方も多く居た様で、それぞれ思い思いにプールを巡っては


友人や周辺の人達と会話を交わしていましたよ。どんな印象を持ったんでしょうかね~。

2014_170.jpg

2014_162.jpg

2014_171.jpg

2014_161.jpg

2014_160.jpg

表彰式ではトロフィーと一緒に副賞として日本酒も用意。気に入ってくれたでしょうか。

2014_163.jpg
今回、見事全体総合優勝(W受賞&他入賞多数)を果たしたタン氏と伊佐さん。
2014_164.jpg
若鯉総合優勝の表彰。小林さんが担当されました。
2014_165.jpg
幼魚総合優勝の表彰は私が担当させて頂きました。
2014_166.jpg

最後に当日会場に来ていた今回の品評会に出品者された愛好家の皆さんと運営に携わった


スタッフの皆さん全員で記念撮影。お互いに笑顔で握手を交わして会場を後にしました。


当日お世話になった多くの皆様、ありがとうございました!どうかまたお会いしましょう!


まだまだ鯉の流通が始まったばかりのベトナムですが、錦鯉に傾ける情熱や愛情は日本の


愛好家の皆さんと何ら遜色無く、今回の滞在中に錦鯉を愛でるという日本の文化は着実に


ベトナム国内に根付きつつあると強く感じました。今後はベトナム各地で品評会や錦鯉に


関係したイベントなどが行われる様になるでしょうし、きっとベトナムならではの錦鯉の


楽しみ方なども生まれてくる事でしょう。そうなった際に日本の生産者として再びお声を


掛けてもらえる様に、私自身ももっともっと成長しなくては。今回の旅では本当に多くの


貴重なご縁を得る事が出来ました。それら全てに、深く感謝。ありがとうベトナム! (^^

2014_167.jpg

連日の旅行記に最後までお目通し頂いた皆様にも同様の感謝を。ありがとうございました!


明日からは泊りがけで全日本を見て参ります。今年はどんな鯉が話題をさらうのやら…♪

2014_169.jpg