FC2ブログ
-- 最新の記事へ --
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第50回全日本総合錦鯉品評会
2019年02月05日 (火) 14:43 | 編集
春の様な暖かな一日となった魚沼。日中はダウンコートが要らない程の陽気となりました。


さて、それでは五十回記念大会の結果をお伝えしていこうと思います。今回、和田養鯉場


からは13本の出品を行い、優勝が5本、準優勝6本という上々の結果となりました。中でも


60部に出品した浅黄が牡丹賞を受賞したのが嬉しかったですね。この賞には秋水や菊水、


金昭和や白べっ甲などのライバル品種(向こうは恐らく浅黄は眼中に無いでしょうが…)が


いますので、正直他の品種に比べて見せ場の少ない浅黄で勝つのは中々難しい賞なんです。


こういう品種の中でも、ある程度の評価をして頂けるくらいの浅黄が出来てきたというのが


今回の全日本における最大の収穫ですね。こういう所に毎年顔を出せる様に頑張ります。



こちらがその浅黄。感覚的にはここ五年間で一番綺麗に上がった三歳です。現在57cm。


どういう訳か、兄妹の中でこの一本だけが抜けて質が良いんですよ。頭は白く、体は青く、


体のつくりの良い理想的な浅黄だと思います。将来的にはこのメスを親にしたいですね。

57cm (2)2019-1

その他の成績も上々でした。優勝は12部光模様、15部浅黄、20部浅黄、20部孔雀、他は


準優勝多数でした。1プール分しか借りてなかったのでプレートがぎゅうぎゅう詰めでした…。

IMG_00742019-1.jpg

全部ではないですが今回の出品鯉です。個人的に麒麟の結果は結構気にしていたのですが、


20部以上の大和錦などと当たった部では残念ながら勝ちきる事が出来ず準優勝という結果に。


パッと見の印象で赤に比べると黄色はやっぱり少し不利なんですかね。まぁ、本来小さい部で


戦う品種では無いですから、体を伸ばしてミドル級の部で全日本に再挑戦したいと思います。


当日は多くの声を掛けて頂きありがとうございました。次は若鯉、長岡でお会いしましょう!

12cm2019-1.jpg 13cm.jpg

14cm.jpg 17cm-22019-1.jpg

25cm.jpg 20cm2019-1.jpg

44cm2019-1.jpg 49cm2019-1.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。