-- 最新の記事へ --
運動会
2013年01月31日 (木) 22:01 | 編集
少し外に出てきたため間が空いてしまいました。外はいい具合に冷えてきているので明日は


この様子なら凍み渡りが出来る様になるかもしれませんね。鱗光用の写真も撮れるかな~。


さて、例によって今日も当歳生簀からの話題なのですが、今回はちょっぴり楽しげな様子を


お届けしてみたいと思います。夕方過ぎの事。普段通りに給餌を済ませ様子を見ていた所、


中央のマスの壁際が妙にバシャバシャと波立っているのに気が付きました。餌をねだるでも


無いのに何事だろうなーと思い近付いてみれば、水面の少し上に餌が一粒だけ残っており


それを目掛けて無数の鯉達がジャンプを繰り返していたんですね。これがまた絶妙な高さに


くっついているもんだからどんなに飛べども餌は鼻先をかすめる程度でマスの中はさながら


パン食い競争の様な状態。彼らからすれば勿論真剣なんでしょうが見ている側の方としては


無性に応援したくなってしまう訳で…。運動会等で我が子を見守る親というのはきっとこんな


感じの気持ちなんだろうなーなどと思っていると、体の小さい鯉が大きな鯉の背に乗る様な


格好で勝負は決着!こういう小が大を制す的な展開は何事にしても見ていて楽しいですね。
(※ふと頭に浮かんだのはかつて見た舞の海vs曙戦。間違いなく名勝負だったな~→ 


ま、こんな戦いが日々繰り広げられているんだから鯉になるのも実際大変そうですが… (^^;

2013_65.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック