-- 最新の記事へ --
第44回全日本総合錦鯉品評会レポート
2013年02月03日 (日) 10:17 | 編集
先程ほぼ書き上げた記事が更新間近に消えるという悲劇に見舞われ(久しぶりに凹んだ…)


遅い更新時間になってしまいましたが、それでは先日から東京流通センターにて行われた


第44回全日本総合錦鯉品評会のレポートを前書き一切抜きでお届けして行こうと思います。


先月の銘鯉展の記憶が新しい私としては看板を見るだけでも少し緊張したんですけどね 笑

2013_79.jpg

こちらが展示風景。とにかく広い展示室の中ですが、各プールには魚病対策の間仕切りが


設けられているために全体を見渡す事は出来なかったりします。正確な数字は不明ですが


新潟県の発表によれば今回の全日本は約1400本ほどの出展本数になったとの事でしたよ。

2013_78.jpg

こちらが表彰台近くに設けられている各種タイトルを獲得した鯉達のブース。毎年ここが一番


注目を集めるので撮影中も常にプールの周りには人が絶えず、辺りは物凄い熱気でしたよ!

2013_81.jpg

いずれ劣らぬ1400本の出品鯉の中から今回上位入賞を果たしたのがこちらの鯉達。他にも


全日本では種別日本一や国魚賞など各種タイトルがあるんですが、それらの鯉はここでは


割愛させて頂き(全ての鯉を載せると相当な本数になってしまうので…)レッドカーペット上の


タイトルホルダーの鯉だけを載せています。今回の全体総合優勝は昨年に続き紅白でした。


一昨年から昭和、紅白と来ていたので今年はそろそろ三色が来るんじゃないかな~と思って


いたんですが、まぁ順番で決めている訳でも無いですからね。ただ、どうしても三色メインで


採っている鯉屋としてはやっぱりその品種を応援したくなるんですよ。さらに養鯉業界では


一本話題になる鯉が出るとその品種全体が盛り上る様なケースが結構あるので、そういう


意味でも三色優勝の話題が出来てくれると嬉しかったんですが。ま、他力本願では何とも


覇気が無いし、最終的には話題になる程の鯉を自分で作れって話になるんでしょうけどね。


今回もいい勉強になりました。とにかく今は人の鯉を出来るだけ多く見て目を鍛えなくては。

■ 全体総合優勝 ■

■ 大鯉の部総合優勝 / 巨魚の部総合優勝 / 壮魚の部総合優勝 ■
2013_70.jpg 2013_71.jpg 2013_72.jpg
■ 成魚の部総合優勝 / 若鯉の部総合優勝 / 幼魚の部総合優勝 /  ■
2013_74.jpg 2013_75.jpg 2013_76.jpg 
■ 壮魚オスの部総合優勝 / 審査員特別賞(ジャンボ賞A・B) ■
2013_73.jpg 2013_82.jpg 2013_83.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック