-- 最新の記事へ --
オークション写真撮影
2013年03月26日 (火) 22:30 | 編集
さて、それでは本日の本記事。今日は月刊錦鯉のカメラマンさんが来月の中旬に山古志で


行われる春のオークション用の写真撮影に来てくれました。こうしてプロの撮影テクニックを


間近で見れる機会はあまり無いので作業の邪魔にならない様に気をつけつつ、撮影の間に


特に気をつけるべきポイントなどをいくつか教えて頂く事が出来ましたよ。お話を聞くとやはり


プロの仕事は細部に関するこだわりが徹底していて、例えばある程度綺麗に撮れた写真でも


口が完全に閉じていなければ撮り直し、両方のヒレが完全に同じ大きさで開いていなければ


撮り直しと言った具合で本当に丁寧に写真を撮ってくれました。撮影途中は見ているこちらが


「次の場所の撮影に支障が出たらどうしよう…」と内心不安になるくらいだったんですから (^^;


おかげでウチが今回出品する4本の写真は完璧な仕上がりになったので、後は当日までに


どれだけ人目を集められるかが勝負って感じですね(恐らくは近々リストが公開されるはず)


山崎さん、今日は本当にありがとうございました!この写真がいい結果に繋がるといいな~。



撮影中、カメラのレンズ内が曇るというアクシデントにもドライヤーでサッと対応。さすがです。

2013_339.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック