-- 最新の記事へ --
出品鯉選び
2013年03月30日 (土) 21:25 | 編集
先程、楽しみにしていた花見が雨天にて中止になったとの連絡があり若干凹んでおります。


日曜に向けて上げていたこのモチベーションを一体どうしてくれるんでしょうか。低気圧め…。


四月から会場を移して写真展第二部が始まる予定(毎回が綱渡り的スケジュールだなー)


なのでそこに全てぶつけてやる事にしましょうかね。勝負は今晩、一気に仕上げなくては。


さて、ここ数日は出品の受付締め切りが迫ってきた第1回国際幼魚品評会に向け候補鯉の


選定作業を行っていました。これまでに撮り溜めたリストを並べて父と二人あれやこれやと


どれを出すかの話し合いをしていたのですが、今回は普段のイベント事よりも父が乗り気で


結構な本数を出品する事になりそうです。まぁ、鯉のサイズが小さいので出品数が増えても


移動の手間はそれ程大変では無いだろうという理由が生産者的には結構大きいんですが。


あくまで相手あっての品評会ですが、やはり出品する以上は善戦したいですからどんな鯉を


どの部に使うか等、戦う上での策は十分に練っておきたい所です。どんな布陣で臨むかな~。



これが並べてみると結構目移りするんですよね。御三家は激戦になりそうだし、う~ん… (--;

2013_347.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック