-- 最新の記事へ --
幼魚品評会レポート②
2013年04月22日 (月) 20:19 | 編集
それでは先日に引き続き幼魚品評会のレポート第二段をお届けして行こうと思います。今回の


品評会の会場となったのはお馴染みの小千谷の総合体育館前広場。会期中は二日間ともに


冷たい雨(魚沼ではなんと季節外れの雪!)に打たれるなど天候には恵まれませんでしたが、


全国各地から出品された約1400本もの銘鯉達が会場を大いに盛り上げてくれましたよ (^^

2013_402.jpg

こちらは審査を待つ出品鯉のブースの様子です。初日の朝はまだ晴れてたんですけどね~。


プールサイドには体の大きさで分けられた部門別に出品エリアが設けられ、一旦ここに全ての


鯉が集められた後に三時間を超える熱の入った審査が行われました。凄い熱戦だった様です。



ウチが出品した三色のブース。この部だけで出品が30本近くにも上るなど御三家はどこの部も


相当な激戦だった様ですね。今回は残念ながら入賞には到りませんでしたが、次こそは…!

2013_400.jpg

ゴールドプライズ(=部優勝)を獲得したウチの浅黄です。浅黄の当歳はサイズが平均して


大きかったので多くは出せませんでしたが、次回は浅黄中心に攻めても良いかもな~ 笑

2013_401.jpg

戦いを終えた後のウチの鯉達です。御三家は残念ながら入賞に到りませんでしたがこれから


良くなってくれそうな鯉がまだまだ居るので、次は秋の農業祭辺りでリベンジしたいですね。


自分の所とは違う墨、違う紅質、違う白地…、人の鯉は見れば見るほどに勉強になるので


今後も諦めずに様々な所に顔を出して行こうと思います。日進月歩、次は満足に闘うぞ~。

2013_399.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック