-- 最新の記事へ --
今日の一枚
2013年05月15日 (水) 12:45 | 編集
夏の様な強い日差しが照り付けている魚沼。生簀の中では全身から汗が吹き出てきますね。


有り余る日光を受けて先日から婆ちゃんが揉んでいたぜんまいは完全に乾燥が済んだ模様。


これを水で戻したものが皆さんが良く知るぜんまいの姿となるんですが、ここに至るまで結構


手間が掛かるんですよ。太陽と山の恵み、そして婆ちゃん衆の手仕事が成せる一品なのです。



ちなみにこちらが山から採ってきたばかりのぜんまい。見事なビフォーアフターぶりですよね。

2013_445.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
今晩は

今は山間部の地域では何処も山菜取りシーズンの真っ只中ですからね
自分の母親も取って来たぜんまいを天日干して揉んでいます

山菜はどれも美味しいものですが
自分は細長くて少し苦味が有りシャキシャキする木の芽と言う山菜が好きですね

今の時期しか味わえない自然の恵みと山菜を取り食べられる様にする人達と
そうした恵を育んでくれる自然に感謝しながら味わいたいです
2013/05/15(水) 20:46:12 | URL | 渡り鳥 #-[編集]
Re: タイトルなし
渡り鳥さん

コメントありがとうございます。渡り鳥さんの地域も
山菜が取れる場所なんですね。この時期になるとどの
家の爺婆も元気になりますから、やはり山菜の力は
偉大だと思いますよ 笑

木の芽は県外から来た方には珍しい様でウチでもよく
出しますが、物珍しい山菜は話の種には持ってこい
なので重宝しますね。山の幸が身近に手に入る環境は
本当にありがたいものなので感謝の気持ちは忘れずに
いたいものです。
2013/05/15(水) 22:22:26 | URL | ベン   #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック