-- 最新の記事へ --
モリモリ成長しております。
2013年06月20日 (木) 22:50 | 編集
先程、ラジオから西日本の各地では既に大雨となっているとのニュースが聞こえて来ました。


今日は終日曇りだった新潟ですが当分油断できませんね。池の管理、十分注意しなくては。


さて、この所は連日孵化報告ブログと化している訳ですが、錦鯉の成長段階を知って頂くには


卵から順に追っていくのが分かりやすいかと思いますのでもうしばらくお付き合い下さいませ。


この時期、孵化してからの稚魚の成長は本当に凄まじい物があり朝と夕方で大きさの違いが


わかるくらい日毎に大きくなっていきます。その分かりやすい例として毛仔が多く出た浅黄の


本日の様子が下の写真ですが、昨日と比べて泳ぎがしっかりしてきたのがわかるでしょうか。


孵化直後の半透明な体にも色が付いて来ましたし、これなら池に放しても大丈夫そうですね。



今年の浅黄は銀鱗のカナも掛けました。幼少期、ビックリマンのキラカードが出る度に小躍り


していた私としてはやはりキラキラしている物は見ているだけでテンションが上がる訳で 笑


カワイイとキラキラは正義なのです。こんな感じの銀鱗が沢山出来ると嬉しいんだけどな~。

2013_545.jpg

連日稚魚の写真ばかりではなんじゃい、この小魚は。てなことになりかねませんので今日は


二歳立ての給仕風景なども載せてみますね。本格的に食い込ませるのは梅雨明け後の七月


中旬位からなので餌はまだまだ軽く舐めさせる程度の与え方ですが、人間の気配を察すると


一気に群れが寄ってきてはどの鯉も旺盛に食べています。見てて気持ちいい位なんですが、


ここで慌てて食わせると逆に夏場で伸び悩んでしまう要因になりかねないのでもうしばらくは


様子見ですね。「この時期はよ、土でも食わせときゃいいんだ。」とはあるベテラン鯉師さんの


言葉ですが、その方が伸びるんですから面白いですよね。何事も急がば回れって事か (^^

2013_543.jpg

2013_544.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
はじめまして。和田様

九州は佐賀のゴマサバと申します。ブログいつも拝見させてもらっています。

私は錦鯉を供給してもらう方の人間ですが、飼って3年目の鯉達が産卵したので、本や先達者方のHPをみながら、稚魚の育成に取り組んでいます。

和田養鯉場様のブログは、タイムリーな記事で大変勉強になります。生き物相手のお仕事大変ですが、これからもご精進下さい。
2013/06/21(金) 11:10:07 | URL | ゴマサバ #-[編集]
Re: はじめまして
ゴマサバさん

コメント、それに日々のご訪問ありがとうございます!
自家産の稚魚育成に挑戦中なんですね。私達生産者でも
最も鯉の飼育で難しいのが稚魚がある程度大きくなるまでの
この時期なので、少しでも私のブログの内容が役に立ったなら
幸いですよ。納得の行く当歳が出来た時の感動は格別ですから
稚魚飼育の方、頑張ってみて下さいね。上手くいきます様に!(^^
2013/06/21(金) 18:45:35 | URL | ベン   #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック