-- 最新の記事へ --
浅黄一次選別開始
2013年07月22日 (月) 21:39 | 編集
時折小雨が舞う様な一日となった今日の魚沼。外仕事が楽なのは助かるんですが…むぅ。


この所の曇り続きで野池の水温がしっかり上がらないためなのか主に三歳以上の立て池で


ここ数日餌食いが落ちている様な気がします。もう少し太陽が出てくれるといいんですが…。


さて、連日の一次選別作業も今日で丁度折り返し地点を迎えて浅黄の稚魚池に入りました。


写真は選別前の浅黄の稚魚達。池入れからずっと池が澄まずに濁っていたためか全体的に


赤み掛かっている色味の魚が多かったです。おかげで選別がやり辛いのなんのって… (--;



浅黄の選別は主に模様の有無を重視しながら選別を行う三色・紅白などの品種とはやり方が


少し異なるので(当然生産者によっても見方は様々ですが。)同じ尾数を見るにしても時間が


余計に掛かる様な気がします。ウチの場合一選では体全体が白っぽく背中にモヤモヤとした


色ムラが無い様な魚をひとまず残す様にしていますが、これが今年の場合やたら赤みが強く


赤松葉なのかただの保護色なのかが今ひとつ判然としない稚魚が結構な尾数いたんですよ。


浅黄は一尾ずつ地体をある程度よく見て選ぶ必要があるため色味が微妙だと選別していて


凄く目が疲れるんですよね。加えて魚に模様が無いので作業中はまるで景色の変わらない


砂漠を延々と歩いている様な気分になったり…。無地物の鯉の選別はもはや修行ですよ 笑


今年は狙い通り写真右の様な銀鱗がかなり出てくれました。秋までにどう成長するかな~。

2013_607.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック