-- 最新の記事へ --
浅黄二次選別
2013年08月10日 (土) 18:36 | 編集
先程強烈な通り雨が通り過ぎて行った魚沼。おかげで空気のムシムシ感が半端無いです。


さて、先日から始まった二次選別も順調に進み今日は浅黄の池の網引き作業を行いました。


こちらが選別前の稚魚達。この池は一選の頃から全体的に背の青地が強かったんですが、


二選になって更にその青みが増した感がありますね。浅黄は頭さえ白く抜けていて綺麗なら


立てていけば最終的にはなんとかなりますが、稚魚の頃から青味が強い様な鯉はどうしても


全身が黒っぽくなりやすい気がするんですよね。鯉を入れる水との相性もあるので一概には


言えないんですが、個人的には浅黄に関しては当歳の間は真っ白くらいで丁度良いだろうと


考えています。模様の無い浅黄の選別はひたすら肌の良し悪し(=現時点での、ですが)を


見続ける作業になるので下手な柄物の選別よりも神経を使うんですよ。眼鏡は必須ですね。

2013_654.jpg

今年から本格的な生産を始めた銀鱗浅黄も二選を迎えそれらしい見栄えになってきました。


浅黄は整然と並んだ背中の鱗並びや侘び寂びにも通じる渋い色調の体を楽しむ品種ですが、


銀鱗の場合は背中の青地が出来るだけ白く抜けている方がより綺麗に見える気がします。


この後もこの肌の白さを保ったままで伸びてくれるといいんですが…。さて、どうなるかな?



上の鯉よりも少し青地が弱いタイプ。肌の色合いが変わるだけで大分印象が変わりますね。

2013_652.jpg

通常の浅黄。いずれにせよ頭の白さが命の品種なのでこの状態を維持して欲しいな~ (^^

2013_653.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック