-- 最新の記事へ --
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紅白池上げ
2010年10月05日 (火) 00:57 | 編集
最近の天候は、なぜか池上げの日には決まって雨。お天道様の下で作業したいものです。


今日から怒涛の勢いで池から鯉が上がってきます。まずはその第一弾。紅白の池です。


西村様というお客様が、自らの確かな血統を作り上げると言う戦略の初年度なのです。


右のお客様が西村様。筋金入りの愛鯉家様です。



○ 作出した紅白一部。

_MG_67340004.jpg  _MG_67530003.jpg

_MG_67920002.jpg  _MG_68670001.jpg

この錦鯉業界、なんと驚く事に血統証明というものが今のところ存在しません。


ペット業界数あれど、これは他の業界に比べてかなりの異常ぶりです。


純血かどうかで値段が天と地ほど異なる犬猫市場がいい例でしょう。


綺麗な鯉が居る。けれど、その鯉の三世代以上前ぐらいになると何が混ざっているのかわからない。


現状は どの商品もこんな具合 なのです。


最も150年程度の歴史の錦鯉業界が、品種改良が盛んな発展途上なせいかもしれませんが。


しかしながら、これでは品種の血統を重視する海外では非常に売りづらいそうです。


何の証明もなされていないため、現状は言い値でかなり買い叩かれている状況との事。


もし販売先の海外で安く高品質の錦鯉が生産されだしたら日本の業界は全滅です。


自身が培ってきた歴史・血統。その証明。これは十分に付加価値足りえると思います。


自分の業界の常識は他の業界の非常識。差別化の一端を今日見つけた気がしました。


何事も戦略無くして成長なし。目的意識を高く持って生産に望まなくては。



※読み終えたらワンクリック、お願いします↓


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。