-- 最新の記事へ --
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むむぅ…
2013年09月06日 (金) 19:26 | 編集
薄曇りの空が広がり外仕事にはありがたい一日となった魚沼。すっかり秋らしくなりました。


さて、ここ数日少々慌しい日が続き更新が滞ってしまいましたがそれでは今回はつい先日


行った二毛作組としては二枚目の一次選別作業の様子などをお届けしてみたいと思います。


前回網を引いた一枚目の池が一選としてはそれなりの出来だった事もあり期待して臨んだ


選別作業だったんですが、残念ながら今回の稚魚池はぐぅの音も出ない様な空振りとなって


しまいました。ここは初めに引いた池とはオス・メス共に異なる組み合わせだったんですが、


いざ選別を始めてみればとてもまともな錦鯉にはなり得ない雑鯉のトビはうじゃうじゃ居るわ


体のサイズはてんでバラバラでまとまりが無いわと中々に悲惨な状態でした。下の写真は


手網に一部を入れた所。これだけ拾う鯉が居ない一選は個人的には初めてでしたね (--;



選別中は父と二人なぜこんな上がりになったのか色々話しながら作業をしていたんですが、


会話もそこそこの内に選別はあっさりと終了。なんせじっくりと見る必要のある鯉がほとんど


居ない訳ですから、恐らくは普段の3~4倍くらいの超スピードで終った様な気がしますね。


血の相性が悪かったのか、放した稚魚が多過ぎたのか、あるいは餌が足りなかったのか…。


いくら考えてもなにが原因なのかはわかりませんが…こんなに駄目な事があるんだなぁ~。


適当に目をつぶってオスとメス選んだってここまでにはならないと思うんだけど…。むむぅ…。

2013_761.jpg

途中から写真を撮る気も無くなり作業をしていた所、最後の最後にこんなんが拾えました。


結構ユニークな感じのパターンですし、せめてお前だけでもバシッと仕上がってくれよ~。

2013_762.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。