-- 最新の記事へ --
三色お引越し
2013年09月21日 (土) 22:22 | 編集
さて、それでは本日の本記事。今日は掃除を始める前に生簀の方で立てていた三色30本を


親鯉など二歳以上の鯉を入れている別の生簀へ移動させる所から作業をスタートしました。


水を落として魚を上げてみるとやはり上から見ていた時の印象とは異なり、思っていたよりも


肉が入って良くなっていた鯉もいれば上がり方が少し物足りないかな~?という鯉まで結構


色々でしたね。同じ位の大きさの鯉だけで立てても食い負ける奴は食い負けるんだよな~。


全体的なサイズとしては少し小さめの鯉を立てたグループが30~35cm程度、大きめの鯉を


立てたグループが大体35~40cm程度の上がりとなりました。野池の二才立てはこれから


上げるのでまだ何とも言えませんが、ウチの二才上がりとしては平年並みの大きさですね。



今回は生簀立てと野池立てで墨の動き方にどの様な差が出るのかを調べるため小墨な鯉を


選んで立ててみたんですが、秋の現段階では大きな変化があった鯉はいませんでしたね。


そんな中で面白い感じに上がってきたのがこちらの三色。墨は全然なので仕上がるまでには


まだまだ時間が掛かりそうなんですが、とにかく白地が綺麗なんですよ。上げたばかりなので


雌雄はまだ分かりませんが、どちらになっても親候補として立てれそうな雰囲気があるので


このまま順調に伸びていって欲しい所です。早いトコ墨が決まってくれるといいんだけど…。


生簀の用意も万端、来週の半ば頃からはいよいよ池上げ開始です。一気に慌しくなるな~。

2013_821.jpg

ちなみにこちらが春の写真。沈んだ青墨が今後どういう感じで出てくるか楽しみだなー (^^

2013_819.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック