-- 最新の記事へ --
寒さ対策
2014年01月06日 (月) 21:24 | 編集
小雪がチラつく曇り空が広がった魚沼。本降りにこそなりませんが冷え込みは厳しいですね。


さて、ここ何日間か身の回りが慌しかったため感覚的には久しぶりの更新です。年始特有の


バタバタ感も昨日まででようやく一段落、普段のペースが戻ってきた感じがします。生簀の


鯉に大きな変化は無く相変わらず順調な越冬が続いていますが、最近は気温がグッと下がり


冷え込みが厳しくなってきたため今日は加温中の当歳生簀で寒さ対策の波板を設置しました。


見た目は少々不細工ですが、マスに蓋をしてやる事で水面から熱が逃げていくのをかなりの


割合防ぐ事が出来るのでこれでも暖房効率がグッと改善されるんですよ。雪国における冬の


暖房(=水の加温。冬を通してジャンボ当歳を育てる場合はこの金額が跳ね上がります)は


夏場の餌に匹敵する程の経費が掛かるので、いかに水を温かく保つかというのは越冬中の


生簀において重要な要素になるんですね。この波板は言うなれば鯉達の掛け布団なのです。


果たしてどれ程の効果が出るか、注視して行こうと思います。皆、いい夢見ろよ~♪ (^^



2014_7.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック