-- 最新の記事へ --
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鱗光2014年3月号掲載記事です
2014年02月17日 (月) 20:23 | 編集
再び雪の勢いが強まってきた魚沼。この調子だと朝までにかなり積もりそうな感じです。


予報では新潟は明日からまた大雪との事。交通網の乱れなどが無ければ良いのですが…。


さて、今日は普段よりも数日遅れて(=これも雪の影響でしょうか)鱗光3月号が手元に


届きましたので、今回もいつもの様に掲載記事のご紹介をさせて頂きたいと思います。


ちなみに今月号は2月の上旬に行われた全日本の結果などが中心の内容となっております。



今回の新潟通信は先月の下旬に品評会の審査員と現地視察に行ってきたベトナムの話題を


お届けしてみました。掲載可能な写真や文章量に限りがあるため旅の詳細などは泣く泣く


割愛させて頂いたのですが、ベトナムのホーチミン市などの都市部で現在起きている錦鯉


ムーブメントの一端でも伝われば…という事で今回は品評会の写真とベトナムでも最大の


愛好家さんの池の写真を掲載させて頂きました。現在、魚沼には現地からアンディ夫妻が


訪れてくれていますが、ベトナム国内では彼らの様な若手の流通業者も少しずつ誕生して


きており、これからまさに錦鯉の市場が形成されていく所なんです。彼らには飼育技術や


鯉の目利きだけではなく、ぜひ日本の国魚である錦鯉がどんな環境で育てられ、そこには


生産者のどんな想いが込められているのかといった事までをベトナムの愛好家の皆さんに


伝えられる様な現地ディーラーにぜひなってもらいたいですし、そのために出来る協力は


惜しまないつもりです。根付きつつある日本の文化、互いに大事に育てていきたいですね。


※それぞれクリックして頂くと別ウィンドウで拡大表示されます。
2014_258.jpg 2014_257.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。