-- 最新の記事へ --
着々と用意が進んでいます
2014年02月28日 (金) 18:29 | 編集
今日も深い霧に覆われている魚沼。養鯉場周辺は先日に引き続き真っ白となっています。


さて、今回は再来月の4月19日・20日の2日間、恒例の小千谷市総合体育館前の広場にて


行われる第2回国際錦鯉幼魚品評会についての話題などをお届けしてみたいと思います。


昨年から新たな試みとして始まったこの幼魚品評会は12cmから3cm毎に各部が設けられ、


最大36cmまでのサイズの錦鯉が美を競い合う品評会なのですが、第二回を迎える今回は


私も運営スタッフの一員として事前準備から参加させて頂く事になったんですね。昨晩


小千谷で行われた会議で資料の作成や大まかな打ち合わせは済ませたので、これからは


本番に向けた作業を進めていく事になります。昨年の第一回目は季節外れの雪に降られ


波乱の幕開けとなったのは記憶に新しい所ですが、そうした経験を踏まえて前回以上に


盛り上がるイベントにするべく多くの生産者や関係者の方々が現地では動いております。


自分もスタッフの一員として役割をしっかり果たさなければ。本番は春、もう間近です。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック