-- 最新の記事へ --
盛況!越後九人会売り出し
2014年06月01日 (日) 20:57 | 編集
先日を上回る真夏の様な暑さとなった魚沼。こう極端に気温が上がるとさすがに堪えます。


会場のある小出地域は最高気温31℃を記録。念のためプールを作っておいて正解でした。


さて、それでは今回は生産者がやつれる程の炎天下の元で行われた恒例の越後九人会の


売り出し風景の様子などをお届けしてみたいと思います。冒頭でも書きましたがこの時期の


売り出しはまず当日の天気との戦いになるんですね。今日の様にあまりに気温が上がると


袋詰めの錦鯉には必要以上のストレスが掛かってしまいますし、雨ではそもそもの人手が


減るので、贅沢を言えば日が射さない程度の曇りが最も理想的な売り出し日和となります。


今日は事前にかなりの高気温が予想されていたためプールの水を冷やすための氷などを


大量に用意。そのため特に問題は起こりませんでしたが、鯉にとっては厳しい環境下での


売り出しとなったかもしれませんね。そんな中での売出しも開始時間の30分前くらいから


毎年足を運んで下さる地元の方やこの売り出しのために遠方よりお越し頂いた愛好家の


皆様が多数ご来場、それぞれが顔なじみの鯉屋さんと談笑した後にお気に入りの袋を


購入されていかれましたよ。多くのご縁を頂いたおかげでウチが本日用意した袋詰めの


鯉は嬉しい事に売り出し終了時にはほぼ完売!本当にありがたい事です。この場にて


本日会場に足を運んで頂いた皆様や場所を提供して頂いた深雪の里の皆様に改めて


感謝の言葉を。本当にありがとうございました!今後とも応援よろしくお願い致します!



あまりの暑さに鯉は各自のテントに避難。もう少し涼しければ見やすく出来たのに…。

2014_426.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック