-- 最新の記事へ --
石灰撒布
2014年07月07日 (月) 18:48 | 編集
朝から小雨が降り続くすっきりしない空模様となった魚沼。今日は肌寒いくらいでしたね。


勢力の強い台風も徐々に接近中、豪雨被害に備えて今週は特に警戒を強めていかなくては。


さて、冒頭の書き出しとも繋がりますが、明日以降の荒れた天候に備えて本日は稚魚池で


石灰の散布作業を行いました。最近は何枚かの稚魚池で水が少し澄んできた様に感じて


いたので用心のためここらで一度稚魚池全体のPHをしっかり上げておく事にしたんです。


鯉の泥池飼育の場合、基本的に中の鯉が健康で食欲があれば必然的に池全体が濁るので、


池の水が澄む=池の調子が落ちているという構図になるケースが多いんです。そのため


少しでもその兆候があれば病気などに繋がる前に出来る限り早めに手を打っておくのが


得策なんですよ。計測してみた所、石灰を撒布する前の段階では概ねPH7.0~7.2だった


数値が撒布後(=直後なので数字に大分ムラはありそうですが)はPH8.5~9.0辺りまで


値が戻りました。水が混ざればもう少し数字が落ち着くと思うんですが、これくらいの


弱アルカリ性を保ち続けるのが理想的ですね。備えは万端、さぁ、台風でも何でもこい!



PHが変わるとアオミドロの類も多少弱まるので一石二鳥。綺麗に絶えてくれないかな~。

2014_487.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック