-- 最新の記事へ --
冬支度
2014年11月10日 (月) 21:48 | 編集
暖かな日差しが降り注ぐ一日となった魚沼。冬前のこの時期の晴れ間は本当に貴重です。


秋恒例の里芋掘りに庭木の雪囲いと母もせわしなく動いております。こちらも急がなくては。


さて、好天に恵まれた本日は来年の春先まで外の池で自然越冬させる鯉達の引越し作業を


行いました。全ての鯉を生簀で越冬させるにはウチの施設は少し手狭なので、ある程度の


本数は野池で冬越しさせる必要があるんですよね。栄養が豊富な泥池で冬を越させた方が


鯉がグッと良くなる場合があるので毎年立て要素の強い鯉などを中心に放しているんですが、


豪雪など自然災害のリスクは常につきまとうので生簀と半々程度になる様調節しています。


万が一にも雪に潰されないように底に逃げ場を作ったりと、これが結構な準備が要るんです。


半年近くにも及ぶ魚沼の厳しい冬を越えるのは鯉にとっても人にとっても一仕事なんですね。


雪の降り方が平年並みなら次に会うのは来年の四月頃かな?皆無事に上がってきます様に…。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/11/11(火) 12:58:40 | | #[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック