-- 最新の記事へ --
豪雪と錦鯉
2014年12月01日 (月) 12:18 | 編集
曇天から時折強い雨が打ちつけている魚沼。生暖かい様な薄気味悪い風が吹いています。


予報は明後日頃から一部の山沿いで雪になるとの事。長い長い冬が今年も始まりますか…。


さて、中々初雪が降りそうで降らなかった今年ですがどうやら今度の寒波ばかりはいよいよ


雪となりそうなので、今日は午前から生簀や自宅周辺の消雪環境などを整えておりました。


日本有数の豪雪地帯である魚沼では、一度雪が降り出してしまえばそのまま根雪となって


しまう事もよくあるのでこうした作業は全て事前にしっかり整えておく必要があるんですね。


今では温水や熱などを使った融雪設備付きの建物が増えましたが、古くからある建築物では


写真の様に山から引いた水を建物の周りに回して除雪に使っていました。この地域の多くの


家に庭池がついているのも大元はこうした雪対策のためなんですね。ただ、中に何も入れず


放っておくと水が淀み泥が溜まるので、自然とそこで鯉を飼う文化が地域に根付いた様です。


一般的には趣味のイメージが強い庭池ですが、一昔前は重機による除雪など無い中で厳しい


冬を乗り切るための生活必需品だったのでしょう。時に鯉は非常食にもなった様ですからね。


雪は雪解け水として初夏の飼育水にもなりますし、豪雪と錦鯉は深い繋がりがあるんですよ。


とは言え、毎年の事となるとやっぱり少しげんなりしますが…笑。今年も程々だといいなぁ。



昼の給餌時間だったので一枚パチリ。今は少量ずつ一日三回、大分ふっくらしてきましたね♪

2014_747.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック