-- 最新の記事へ --
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水質検査
2014年12月12日 (金) 21:51 | 編集
夜空から小雪が降り始めている魚沼。嵐の前の静けさとなりそうな気配が漂っています。


北陸地方は明日から再び大荒れとの予報。再びの大雪に備えて十分に警戒しなくては。


さて、生簀での飼育が始まり早二ヶ月程が経過しましたが、今日は年末の恒例行事とも


なっている生簀の簡易水質検査がありました。これは新潟県内水面試験場の職員さんが


大まかな水の状態を見てくれるもので、水中の亜硝酸やアンモニアの濃度、酸素飽和度、


PH値、塩分濃度、etc…などなど自分では正確な計測が難しいものも含めて様々な値を


きちんとした数字で出してくれるものなんです。生簀での飼育は今後池入れまで半年に


渡って続いていくものなので、現時点での生簀内の正確な状態を把握できるのは本当に


ありがたいです。検査結果としては予想通り混め気味のマスで亜硝酸の値がやや高めな


マスがありましたがそれ以外では特に問題無し。職員さんの丁寧な作業に感謝です (^^



当歳生簀よりも水温の低い二歳以上の生簀ではやはり鯉の代謝そのものが大分低い様で


亜硝酸とアンモニアの値はかなり低めでした。これなら無事に春まで越冬出来そうです♪

2014_758.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。