-- 最新の記事へ --
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三歳立て池入れ終了
2015年05月22日 (金) 22:23 | 編集
太陽が照りつける夏の様な暑さとなった魚沼。腕の日焼けが日増しに濃くなっていきます。


さて、やる事が山積みな産卵直前の今時期ですが作業は順調に進んでおります。今日は


三歳立ての池入れ作業を行いました。例年では一枚の野池で三歳立てをやっていましたが、


今年は新たにもう一枚使える池が増えたので二枚とも浅黄中心の構成で池入れを行う事に。


浅黄は他の御三家などに比べるとオスメスの判別がやり辛い品種なので池入れの際は本当に


神経を使うんです。新水を掛け流したり吊り網に吊ったり、経験上軽いストレスを与えると


オスは白子を出し易くなるので、目視に加えそうしたいくつもの過程を経て何事も無かった


鯉だけを選んで池に入れるんです。が、それでも与太郎が出る時は出るんですよ、これが。


過去に何度か書いていますが、鯉の中には雌雄どちらの特性も持っている便利な奴が居て


周囲の環境に応じて性を変える事があるんですね。こればかりはもう防ぎ様が無い訳です。


明日の朝に何事も無ければまず大丈夫と思いますが…。浅黄が多いと怖いんだよな~ 笑



こうしてひとつにまとまると浅黄の群泳も綺麗ですよね。どの鯉も綺麗に上がって来いよー。

2015_183.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。