-- 最新の記事へ --
一人楽しんでおります。
2015年07月30日 (木) 20:37 | 編集
終日蒸し暑い一日となった魚沼。こういう日の網引き作業はいつも以上に骨が折れますね。


今週の日曜から五日間連続で続いてきた浅黄の一次選別作業も大詰め。あと一息です…。


さて、昨年度の二倍の生産量を目標に飼育している浅黄ですが、当然選別に掛かる時間も


昨年の二倍という訳で今週はずっと朝から晩まで浅黄の選別という生活が続いております。


浅黄の場合、一選段階では基本的に見るのは肌質と紅の有無くらいなのでどうしても作業が


単調になりがちなんですが、そんな選別の密かな楽しみが何とも言えない様な変わり鯉探し。


浅黄は元祖変わり鯉とも言える品種なので丹頂や鹿の子、松葉などといった変化を含むと


結構バラエティに富んだ表情の魚を拾う事が出来るんですよ。先日は比較的ハッキリした


質の丹頂を発見。このままで上がれば面白い鯉になるかもしれないんですが、残念ながら


こうした鯉の多くは途中で模様が飛んだり、紅が上がり過ぎて見るに耐えない浅黄もどき


みたいな鯉になる場合が多いんです。それでも時には狙っても作れない様な個性的な鯉が


出るのが変わり鯉としての浅黄の魅力でしょうか。選別も実は結構楽しいんですよ~ (^^



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック