-- 最新の記事へ --
…むむむむ?
2015年08月10日 (月) 21:59 | 編集
夕方に大雨警報が出た南魚沼。雨を期待していましたが案の定生簀の上を素通りでした。


生簀に近い野池では地下水を引っ張って乾燥を凌いでいます。これで秋まで持つのか…。


さて、先週末から慌しい日々が続き少し間が空いてしまいましたが、二次選別作業自体は


着実に進んでおります。土日に掛けてはやや小さめの池に放している孔雀、白写りが終了。


共に生育は順調で平均サイズは7~8cmといった所なんですが、久々に採った白写りの池で


問題、というよりもむしろ好奇心の沸く事態が発生。念のためもう一度書きますが、白写りの


選別の様子ですからね。下の画像は選別時の様子ですが、白写りの稚魚と同じくらいの数の


昭和が上がってくる事態となっております。白写り自体が昭和と似た様な血筋を経ている品種


なので稚魚に昭和が混じるのは良くある事なんですが、これだけの比率で昭和が出る腹は


個人的には初めての経験です。白写り腹の昭和は本物にならないという話はよく聞きますが、


この腹に関してはどーみても通常の昭和の質をしてるんですよねぇ…。これだけ紅が付く腹は


珍しいので試しに昭和もまとめて飼って見る事にします。案外当たりが出たりしてね… (^^



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック