-- 最新の記事へ --
2才池上げ
2010年10月08日 (金) 16:33 | 編集
今日は秋らしからぬいい天気。ここ魚沼の地では最高気温27度を記録したとの事。


人間的には嬉しいのですが、あまり気温が高いと水中の鯉が酸欠になってしまう恐れがあります。


水を落としてからはスピード勝負。素早く丁寧に、鯉をたたきに移動させなければなりません。



この野池は面積・尾数共にウチでは最大級。毎年ご近所の生産者さんに助太刀をお願いしています。

_MG_73760007.jpg

一匹ずつ傷をつけないように気をつけながら、吹き流しで軽トラックに運んでいきます。

_MG_73780006.jpg

たたきに着いたら今度は水槽からたたきへの輸送。尾数が多い分中々の重労働。

_MG_73980004.jpg

_MG_74350002.jpg

一回の輸送で動かせる尾数は今回の400リットル水槽だと2才サイズで大体60~70尾。


今回の野池は350尾ほど入っていましたので合計5回ほど輸送を繰り返しようやく移動完了。

_MG_74390001.jpg

閑散としていたたたきが随分賑やかになりました。泥を吐き出すため水が少し濁り気味。


ここから病気がちな鯉には個別に抗生剤の投与などを施し、室内生簀に移していきます。


池上げが終わると丁度お客様が1人見えられ一匹購入されていきました。ありがたい事です


まだまだ池上げは残っていますが、今日の池が終わればひとまず気分的にはひと段落。


明日は毎年ウチに来られている徳島県の業者さんが見えられるとの事。


この時ばかりは今年の鯉の出来が試される場面。緊張の瞬間です。


気を引き締めながら、明日に備えたいと思います。


※読み終えたらワンクリック、お願いします↓


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック