-- 最新の記事へ --
災い転じて…?
2015年12月03日 (木) 12:34 | 編集
早朝から大粒の雨が降っている魚沼。今日は終日どんよりとした空模様となりそうですね。


さて、本日は夕方から夜に掛けて出荷作業があるためいつもよりも少し早めの更新です。


今回はなんと言うか、基本的には残念な話を書いてみようと思います。先日書いた記事に


頂いたコメントがきっかけなんですが、毎年数多くの二歳立てをしていると当然の事ながら


すべての鯉が良くなって上がって来る訳ではありません。今回はその一例というお話です。


悪くなり方にも色々あり、緋盤が飛んで真っ白になる鯉や二番緋が出てボロボロになる鯉、


あるいは体が曲がったり、獣や鳥に襲われて酷い傷が残ったりと本当に様々。まぁ一番は


死んで池から上がって来ないというのが最悪なのでそれ以上に悪いことはありませんが。


そんな中で、なまじ良い鯉の一部だけが決定的に駄目になり他がバシッと決まる様だと


頭に良い時のイメージが残っている分だけ残念感が強いんですよ。この昭和も当歳時に


左のヒレを大きく痛めて、その時点で観賞用としてはもう立てても駄目だなーというのが


わかってたんですが、駄目元で立てたらやはり見れるだけの質の鯉だったんですよね。


個人的には今年一番の残念賞はこの鯉です。何事も無ければ見れる昭和なのにな~ 笑



こういう鯉は美を競い合う品評会がNGなので、生産者的には質を追いかけて将来的に


親鯉にするという選択肢で見ていく事になります。まぁ、必ずしも親の質がすべて仔に


伝わる訳では無いので親としての価値も結局の所は未知数ですが、もしそれが当たれば


今度はむしろ怪我をした事自体プラスに変わります。こういう鯉は預かりでもしない限り


すぐ手元から居なくなりますからね。この鯉が今後どうなるか、残念感を引きずりながら


見ていこうと思います。怪我もひとつの縁。災い転じて…となれば最高ですが… (^^

2015_410.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
凄い昭和
こんばんは

これがあの昭和ですか!
頭クラスらしい凄く質が良くて鮮やかで模様も良くとても目立ちそうな鯉ですね!
個人的にはこれだけの鯉だと片手鰭に難があっても気にならず見えます 笑

是非全体像が見てみたいと思っていました。
いつか親鯉になりその優れた資質を受け継いだ良い鯉達が
沢山生まれてくれると良いですね!

掲載して頂きありがとうございました!
2015/12/03(木) 21:08:46 | URL | デルタ #-[編集]
Re: 凄い昭和
デルタさん

こういう鯉に限って治らない怪我とかをするんですよね。
綺麗に上がる鯉の脇にはこんな鯉も沢山上がるんだという事を
知って頂きたく前回は写真をあげて見ました。
こうなれば良い親になってくれるといいですけどね~(^^
2015/12/05(土) 18:06:35 | URL | ベン   #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック