-- 最新の記事へ --
オークション出品鯉選び
2011年02月10日 (木) 17:51 | 編集
昨日までの束の間の暖かさも何処へやら。再びモサモサと大粒の雪が降ってきている魚沼です。


今週末に掛けて日本海側は大荒れの天気予報。3連休はスキーで、とお考えの方はご注意下さいね。


さて、今日はホテル業は休みだったため午前中に所用を済ませ、午後からは生簀で作業していました。


特に時間が掛かったのが、来月山古志地区で行われる錦鯉オークションに出品するための鯉選びです。



昨年秋、この会場で行われたオークションでは一尾1000万円という衝撃価格が飛び出しました。

(前回のオークションの模様はこちらです)

これには流石に会場に居た全員が度肝を抜かれました。泳ぐ宝石の面目躍如といった所でしょうか。


今回も恐らく相当数の海外からの買い付け人達の来客が予想されるため、そこを狙う客層とする事に。


前回の会場で得た教訓をもとに、父と2人で話し合いながら出品鯉を選んだのですが、


生産者1人につき5尾・大きさは63cmまで等の制約があるため、選定作業はかなり難航。


最終的には今回は墨や模様がハッキリ出ている鯉でメリハリ路線を打ち出す事に決定しました。


その中の一尾。赤の強めな三色ですが、このくらい色が強く出ている方が好まれる…ハズです

_MG_017300010001.jpg

また、売り上げもさる事ながらウチのような小さい生産者にとってはもっと大切な事があります。


それはこのようなオークションに参加する事で、私達の顔と名前をお客様に覚えて頂くと言う事です。


品物を持って売り歩けない養鯉業にとって、新規のお客様との出逢いは本当に貴重な出来事。


ウチの子達がきっかけで、双方にとって良きご縁があればいいなぁと願うばかりです。


今日の選択が果たして吉と出るか凶と出るか。オークション当日が楽しみです。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
前回のオークションのあの値段には驚きましたなぁ~!Dの紅白でしたね
ブランドも少なからずあるのでしょうね

平西さんのオークションで出た金昭和が
全日本では桜賞とってましたね

今回も若鯉に向けて色々と良い鯉がいるんでしょうね~!
2011/02/10(木) 22:18:46 | URL | レッズ #-[編集]
Re: タイトルなし
レッズさん

鯉の質に加えて、ブランド力もやはり価格には影響しますからね。
ウチのような知名度の低い鯉屋はよほど努力しないといけません。
焦らず地道にいい鯉作りに取り組むしかないですね。

金昭和ですか…銀鱗系の鯉も採ってみたいなぁと時々思うのですが、
下手にあまり欲張って手を広げ過ぎてもいけませんからね。
生産者としてもどれを採るかという選択は中々難しいですよ。

若鯉にウチは参加するかどうかまだ決めていないのですが、
父とどうするかよく相談してみなければなりませんね。
新潟は強豪揃いなので、本当に苦労しますよ…(^^;笑
2011/02/10(木) 23:31:40 | URL | ベン   #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック