-- 最新の記事へ --
第4回国際錦鯉幼魚品評会終了しました。
2016年04月26日 (火) 00:29 | 編集
終日穏やかな春らしい陽気となった魚沼。今朝は不覚にも少し寝坊してしまいましたが…。


先日行われた幼魚品評会も無事に閉幕。今回はその結果をお伝えしていこうと思います。


さて、今回はハイブ長岡での開催となった事で例年とは少し異なる雰囲気の中で行われた


第4回の国際錦鯉幼魚品評会、今年は全国各地から出品総数1335本の出品がありました。


開催国の日本を含めると今回は過去最大の26ヶ国からのエントリーがあり、回を重ねる毎に


着実に錦鯉の裾野が広がっているのを実感できる大会となってきました。嬉しい事ですね。



今回、会場全ての話題をさらったと言っても良い程注目を集めたのが全総合優勝を受賞した


こちらの21部紅輝黒竜。御三家以外から全体総合優勝が出る事自体が稀なケースですが、


それが変わり鯉の生産者も多い新潟開催での品評会で起きたというのは非常に象徴的な


優勝だったと言えますね。もともと幼魚品評会が始まった経緯のひとつには御三家以外の


品種により多くのスポットライトが当たる場所をという意図もありましたので、四回目にして


ついにそれが実現した事になります。今後の大会にも恐らく影響してくるだろう総合優勝、


これがきっかけで幼魚品評会が更なる盛り上がりを見せてくれるといいですね~。 (^^

2016_127.jpg

今大会、和田養鯉場からは26本の出品を行い、15本が入賞という結果となりました。


特に36部に出品した浅黄は種別優秀賞を受賞。今回は8本出品した浅黄の内4本が


優勝、二本が優勝次席と予想以上の結果に。素直に嬉しいですね。励みになります。

2016_130.jpg

こちらが種別優秀賞を受賞した浅黄。なかなかサイズが合わず36部への出品は今回が


初めてでしたが上手く上がってくれたと思います。この調子で今後も頑張らなくては…。

2016_111.jpg

大会期間中は実行委員の一人として慌しく動いていたため賑わっている会場の様子を


撮る事が出来なかったのが残念ですが、実際は大会期間中は両日ともに大勢の方に


会場まで足を運んで頂き大いに盛り上がったと思います。今後も更に多くの参加者の


皆様に楽しんで頂ける様に頑張りますので、応援の程、よろしくお願い致します!

2016_129.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
国際錦鯉幼魚品評会
種別優秀賞を筆頭に数々の輝かしい受賞おめでとうございます!!
今後の更なる躍進をお祈りします!!

今回の全体総合優勝は変わり鯉ですか・・・
これをきっかけに今後品評会で御三家以外の品種も
総合優勝をする様になると良いのですが・・・
2016/04/27(水) 22:34:21 | URL | デルタ #-[編集]
Re: 国際錦鯉幼魚品評会
デルタさん

ありがとうございます。
これに満足せず更に美しい鯉の生産に尽力していこうと思います。

本当にそうですね。王者たる風格があれば品種は問わない、という
具合に審査の基準が変わっていくと面白い事になりそうですよね。
大いに期待しましょう。いずれは浅黄が全体総合なんて事も…笑
2016/04/28(木) 20:06:40 | URL | ベン   #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック