-- 最新の記事へ --
第16回愛鱗会インドネシアNo, 1錦鯉品評会②
2016年05月19日 (木) 23:37 | 編集
終日晴れ間に恵まれた魚沼。今日は作業中にタオルが手放せない程の暑さになりました。


さて、今回も引き続きインドネシアはバンドン現地レポートをお届けしていこうと思います。


品評会の翌日は市内の愛好家さんやバンドン近郊の養鯉場を案内して頂きました。写真は


一件目に訪問させて頂いた愛好家さんの庭池。当然現地でもそれぞれ楽しみ方が異なり、


この方は日本に預けている鯉以外は手元に数を置かず、本当に気に入った鯉に限定して


鯉を飼育しているというスタイルでした。飼育水は水温・PHなどすべて機械管理されており


鯉の状態は良好。この他に訪問させて頂いた池も仕組み自体は大体この様な感じでした。


ここには普通に体長89cmの銀鱗落ち葉が泳いでましたね。良い鯉を見せて頂きました…。

2016_148.jpg

次に案内して頂いたのがバンドンにあるサムライコイセンターさん。第44回の全日本錦鯉


総合品評会で全体総合優勝に輝いた紅白、あのM・レジェンドを取り扱った業者さんです。


前から機会があれば拝見してみたいと思っていたので今回は念願叶いましたね~(^^

2016_151.jpg

こちらがメイン生簀です。アジアカップのチャンピオン鯉やオールインドネシア品評会の


優勝鯉などを見せて頂きました。ここぞとばかりに現地での鯉の質の変化など色々と


質問させて頂きましたが、印象に残ったのは浅黄に関して。現地に日本の青い浅黄を


持ってくると体色が少し薄くなるんだよね~という話。頭の色もやや白く抜けるそうです。


水温は通年で23℃固定だそうですので、水との相性?いずれにせよ興味深いですね。

2016_150.jpg

最後に訪問させて頂いたのが話に出たM・レジェンド(現地ではMuran Legend)を


所有されていた愛好家さんのお宅。つまり第44回全日本の全体総合優勝者という事に


なりますね。何とも気さくな方で錦鯉以外にも盆栽や日本茶など様々な話を聞かせて


下さいましたが、ここでは特にインドネシア国内での錦鯉生産に関して興味深い話を


聞く事が出来ました。右に写っているのが私です。なんか良い笑顔してますね…(^^



こちらがその試みを紹介した記事。内容は愛好家さんが所有している日本産の鯉で


仔取りした卵を、インドネシア国内各地の養鯉場に無償で配布するというものでした。


病気等の問題はあるかと思いますが、これならば質の高い親鯉を買う事の出来ない


小さな養鯉場でも日本産の銘鯉の血統が手に入り、現地に合わせた飼育の方法を


研究する事が出来ます。趣味の範囲の話ですが、かなり即効性のある試みですね。

2016_146.jpg

上の記事のメスの仔かどうかはわかりませんが、そうして作られた当歳と思われる


鯉がこちらの記事です。画質もあまり良くないのであくまでパッと見の印象ですが、


十分に見れる鯉になってますよね。こうした鯉は現在はまだ市場の本流になる程の


評価は受けていない様ですが、インドネシアをはじめとする一年中が常夏の気候の


アジア圏では鯉に関するすべての事が日本の4倍の速さで時間が進んでいきます。


子取りも一年中出来ますし、鯉が4倍早く育つので一世代毎のサイクルも早いです。


仮に今後10年経ったとすると、現地では日本の40年分のノウハウが蓄積される事に


なります。似た様な気象条件の諸外国も同様です。これだけの時間があれば、技術


水準・商品の品質が日本産に限りなく近づくのもそれ程に遠い話では無いですよね。

2016_147.jpg

既に安価な鯉から国際間での市場競争が始まっていますが、今後はそのランクが


更に上がり、最終的には独自の優れた品種を作出する養鯉場が世界各地に出現


するハズです。これまでは三色なら日本の○○養鯉場産、昭和は△△養鯉場産、


だったのが今後は三色は日本の○○養鯉場、昭和は中国の△△養鯉場、紅白は


インドネシアの△△コイファーム、変わり鯉はイスラエルの□□コイファームの様な、


錦鯉が本当の意味で世界の観賞魚になるとこんな感じになるんじゃないでしょうか。


あくまで個人的な予想ですので、実際は私が思う程に技術水準は変わらず錦鯉の


中心地は相変わらず日本という一展開も同じく予想されますが、少なくとも日本に


居る限り鯉は新たな手を一手打っても結果が出るまで3~4年掛かる訳ですから、


諸外国とのスピード差というのは頭の片隅に置いておく必要はありそうですよね。


品質の拮抗した近未来でジャパンブランドをどう演出するかが今後の課題ですか。


今回は旅の道中ずっとそんな事ばっかり考えてました。いや、真面目か、俺…笑。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック