-- 最新の記事へ --
映し鏡
2011年02月24日 (木) 01:35 | 編集
どうやら完全に穏やかな気候に落ち着いてくれた様子の魚沼の空。今日も青空が広がりました。


連日の晴れで雪山の表面の雪も随分溶けたのでしょう。強烈な反射光が眩しいくらいでしたよ。


さて、今回の生簀便りは「トビ」という鯉について少し書かせて頂こうと思います。


「はて?錦鯉は知っているが、トビとは何ぞや?」という方がきっと大半ではないでしょうか。


それもそのはず、恐らくこれはほとんど生産の現場でしか出てこない言葉だと思われるからです。


百間は一見にしかず。まずは下の写真をご覧下さい。二尾の内、大きい方の鯉が「トビ」です。



一見、なんの変哲も無い大正三色に見えますよね。というか、品種的には間違いなく大正三色です。


しかしここが重要なのですが、実は写っている二尾はどちらも同じ池で育ったいわば兄弟関係の鯉。


小さい方の鯉が15cm程の体長なのに対して、トビの方はなんと30cm近くもありました!


ウチは意図的に体を大きくするジャンボ当才などは作っていませんので、これはかなりのサイズ。


同じ親から生まれ、同じ池、同じ餌を与えて育てた1才同士の鯉にも関わらず、この体格の違い!


そう「トビ」とはつまり、数多くいた鯉の中で「飛びぬけて大きく成長した鯉」の総称なのです。


どうやらこうしたトビ達は、他の鯉よりも生まれつき体が大きく成長する形質を有しているらしく、


これらを親鯉にして子にその遺伝子を伝える事で、より体の伸びる錦鯉が作れるとされています。


たまに「なんでこんな鯉が生簀に居るんだろう?」と思うような鯉が養鯉場にいる事がありますが、


それらはこうしたトビのような、親鯉としての素質を期待されて残されている場合が多いのです。


鯉が生まれもつ素質ばかりは誰もコントロールする事が出来ませんから、こうした鯉は実に貴重。


親鯉候補のベンチメンバーとして、手元に残して置く価値が十分にあるんですね。


やはりどんな鯉にも一見しただけではわからない、こうしたきらりと光る見所があるものです。


最も大切なのは、それを生産する側、そして鑑賞する側がどれだけ見出してやれるかという事。


一尾の鯉と向き合うという事は、自分自身の美意識と向き合うという事でもあるのです。


自身の中に評価するための秤があればあるほど、鯉は多くを語りかけてきてくれますよ。


常に己に問いかけましょう。「これの何が面白いのか?」と。秤はそうして磨かれていくのですから。


正解の無い、果て無き美意識の映し鏡。あなたならこのトビに、どんな価値を見出しますか?

_MG_09900001.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/24(木) 09:09:11 | | #[編集]
Re: タイトルなし
オサシさん

色々とお忙しい所にご丁寧な返信ありがとうございます。

こちらはようやく少し春らしくなってきましたが、まだまだ冷え込みが厳しいです。

季節の変わり目ですから、どうか体調など崩されないようにお気をつけ下さいね。

また色々とオサシさんの楽しいお話を聞けるのを楽しみにしています!

お時間が出来ましたら、いつでも遊びに来てくださいね^^

お待ちしていますよー♪
2011/02/24(木) 09:35:14 | URL | ベン   #-[編集]
トビなのにいいサンケですね(^◇^)
さすがです!
後は墨がどうでるかでしょうか??

僕の和田さんのサンケも
ようやく墨がまとまってきましたよ!
関根さんとこに置きっぱなしですけど…
2011/02/24(木) 22:45:16 | URL | レッズ #-[編集]
Re: タイトルなし
レッズさん

トビをご存知とはさすがですね^^
これは思わぬ拾い物で、父と案外化けるかもしんないね、
なんて話していた鯉なんです。
まぁ目立つ飛びっ緋があったりするので、
今の所はやはり親候補なのですが。

三色は墨が決まると楽しくなってきますよね。
レッズさんのサンケも綺麗に仕上がるといいですね。
この時期は中々動かしづらいので、仕方ないかと。
早いところ暖かくなって欲しいですね。
2011/02/25(金) 00:33:35 | URL | ベン   #-[編集]
生簀便り
おはようございます。
生簀たより楽しみにしています。
とびの生長力を遺伝形質に生かしていくお話
とても興味深く読ませていただきました。

鯉は子をとったことがないですが、熱帯魚などは
とびと思われる子がほかの子のえさを食べてしまうように見えるので、憎たらしく思ったりした記憶があります。
日本人特有の判官ひいきがこんなところにも
でてしまいますが、改めて考えてみるととびの
成長力は神が与えてくれた能力として尊重
されるものと思えます。
2011/02/25(金) 07:59:14 | URL | 描き人 #-[編集]
Re: 生簀便り
描き人さん

確かに錦鯉でも他の観賞魚と同様に、
極端に体格差があるとまれに共食いなどをするようです。
餌が十分に足りている状況ではほとんど起こりませんが。

半官ひいき、確かに自分はよくしてしまいますね。
自分は何かをつくる際には、割と天邪鬼な方向に向かいたがるので、
こういった一般的に無価値とされているものに魅力を感じてしまうんですよね。
何でも無いこと・平凡であることの特異性、とでも言うのでしょうか。
そういった事を錦鯉で表現できたらいいなぁとは思うのですが…
これは一生涯のテーマになりそうです(^^;
2011/02/25(金) 10:11:43 | URL | ベン   #-[編集]
はじめまして
綺麗な三毛ですね。ジャンボにするために真鯉を交配させる話を聞いたことがありますが、真鯉をかけるくらいならトビを活用したほうがよいのではと素人の私は考えているのですが実際はわかりません。
2011/02/26(土) 02:28:01 | URL | decodeco1950 #DGiu2GNA[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック