-- 最新の記事へ --
オークション参戦!
2011年03月09日 (水) 18:46 | 編集
雪が降ったり止んだり、不安定な空模様となっている魚沼。まだまだ冷える日が続きますね。


今日は新潟県山古志地区にて行われた第8回新潟県錦鯉復興オークション2011に参戦してきました。


前回の時と同様、何とも教訓の多い一日となりました。今回はその模様をお届けしたいと思います。


「トンネルを抜けると、そこは雪国だった。」小説、雪国そのままの風景が広がる山古志への道中。


川端康成がかつて見た新潟もきっとこんな感じだったのでしょうね。何を思っていたのでしょうか。

_MG_188500010001.jpg

まだ雪深い山間の道を軽トラで縫うようにして、ようやく会場のある長岡市山古志会館へと到着。

_MG_21480001.jpg

こちらの敷地内にある総合体育館が、今回のオークションの特設会場となっていました。


前日に父親が会場設営に参加していたため今日は鯉の搬入のみ。本番が近付き緊張が高まります。

_MG_21360001.jpg

今回ウチが出品した鯉がこの4尾。昭和は体調が思わしくなく急遽出品を取りやめる事にしました。


白写りも持ってきたかったのですが、墨の決まり具合がイマイチ物足りず断念。難しいものですね。

_MG_18990001.jpg

皆頑張ってくれよーと祈りながら袋詰め作業をしていると、いよいよ競りの時間となりました。


進行役の独特の節回しによって競りはテンポ良く進み、次々と鯉が落札されていきます!

_MG_22530001.jpg

今回も前回同様、会場には大勢の海外からの買い付け人達の姿が。錦鯉業界の今が伺えますね。

_MG_22580001.jpg

出番を待つ鯉達です。現在は魚病対策のためこうして個別に包装された状態で競売に掛けられます。

_MG_22860001.jpg

袋の脇からウチの鯉を一枚撮影してみました。狭くて不機嫌なのか、口がひん曲がってますね 笑



こうして200尾ほどいた出品鯉は3時間程度で全て競売に掛けられました。あっという間の出来事です。


さすがに時期的な事もあってか前回程の仰天価格(なんと1000万円!)は飛び出しませんでしたが、


それでも最高値の鯉には300万円と言う値段が付きました!ウチからしたら十分仰天価格ですね…


有名生産者達に混じって参戦していたウチの鯉達も、無事全てをお買い上げ頂く事が出来ました。


この度の新たなご縁に、この場を借りて感謝したいと思います。本当にありがとうございました。


しかし、やはり頂点あたりとの差は歴然と言った所でしょうか。現実は中々厳しいものです。


この状況を変えて結果を出すには、どうすべきか。帰宅する途中の車内にて考えてみました。


鯉自体の質の向上は言うべくも無しですが、それだけでは追いつくまでに息切れしそうです。


ならば、それ以外でウチが今後即効的に差を詰められる所は一体どんな所でしょうか。


誰にも開拓されていない、錦鯉の新たな需要を社会に生むような販売チャネルは無いか?


既存の需要に対して、ウチが集中的に販売するエリアや販売する価格帯を設定してはどうか?


商品をお買い上げ頂く前と後に、お客様に心から喜んで頂けるサービスは何かできないか?


こうして少し考えてみるだけでも、結構いくつも業務を改善するための方策が出てきます。


あまりに鯉だけの事を考えていると、こうした視点からのアイデアって中々出てきませんよね。


後はこれらを実際の仕事の中にどうやって落とし込んでいくか。実行しなくては何の意味も無い。


持てる知恵をフル活用して仕事に望まなくては。小さな養鯉場の意地、これからが見せ所です。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした
前回より人が少なかったとか??
でも無事に完売よかったですね!

あの落ち葉は誰の手に?
2011/03/09(水) 21:38:56 | URL | レッズ #-[編集]
お疲れ様です
有名生産者さんには有名生産者さんの良い点、 小さな養鯉場さんには小さな養鯉場の良い点がありますしね。

どんな世の中になっても、大切な事はあると思います。

これからの和田養鯉場さんとベンさんの活躍を期待してます。
2011/03/09(水) 23:23:25 | URL | ノリ #6ksA11eg[編集]
Re: タイトルなし
レッズさん

やはり時期的なこともあり人出は前回よりは少なかったですね。
あの雪では山古志まで来るのにも動きづらいですし、仕方ないかなと。
あの落ち葉は中国の業者様にお買い上げ頂く事になりましたよ^^

2011/03/10(木) 09:45:41 | URL | ベン   #-[編集]
Re: お疲れ様です
ノリさん

暖かいコメントありがとうございます^^勇気が出ます。
いたずらに鯉の事ばかり追いかけるのではなく、
他の業種なども参考にしながら理想のスタイルを
追求していきたいですね。まだまだここからですが。
ご期待に添えるよう、頑張ります!
2011/03/10(木) 09:49:46 | URL | ベン   #-[編集]
さすが新潟ですね
昔船でせりをしていたのですが、それはなくなったのですか?
でもさすが新潟ブランド、今年は是非お邪魔したいと思っています。
2011/03/11(金) 07:18:10 | URL | decodeco1950 #-[編集]
Re: さすが新潟ですね
decodeco1950さん

KHV等の業者間での感染を防ぐため、現在は舟による競りは
恐らくほとんど行われていないことと思います。
鯉が見づらいなどの指摘も確かにあるのですが、
健康な錦鯉を流通させるためには必要な処置と思います。

上は上、ウチはウチの鯉作りをしていくだけですからね。
近くを通りがかった際には、遊びに来てくださいね。
2011/03/11(金) 10:22:37 | URL | ベン   #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック