-- 最新の記事へ --
水作り
2011年05月05日 (木) 19:17 | 編集
「後ほど」が気付けば後日になってしまいましたが、そこはぜひスルーして頂きたいと思います。


今日は朝から良く晴れた魚沼。先日から野池で進めている作業を少し載せてみたいと思います。


錦鯉を野池に放す前に水を作るという段階があるのですが、その際に使用するのがこちらです。


畑仕事などをやられる方はよくご存知なのではないでしょうか。実はこれ、石灰なんです。


これを池に撒いてやる事で、池の中の水を錦鯉が好む弱アルカリ性に近づけてやるんですね。


効果の程は生産者によっては意見が分かれるようですが、ウチでは何枚か撒く事にしています。



分解するのに時間が掛かるため、ウチでは錦鯉を放すまで最低二週間程度は置いています。

_MG_53460003.jpg

作業自体は袋の中の石灰を撒くだけという単純なものですが、いざやるとこれが結構な作業量。


散布機などを使えば楽なんでしょうが、ウチの外仕事は何事も基本的に「腕力で解決」スタイル。


池の周りからスコップでフルスイングしながら散布していく様は野球部員もきっと顔負けでしょう 笑

_MG_53420002.jpg

一通り撒き終わった野池を並べてみます。これらに今月末あたりから順次錦鯉を放していく予定です。

_MG_54430003.jpg

_MG_54400002.jpg

_MG_54460001.jpg

今日で石灰を撒く予定の池は一通り終了。とは言え、他に撒くものはまだ山ほどあるのですが…


おかげでスコップの扱いは地元に来て物凄く上手くなりました。こんなんばっかりだな、自分 笑


もしスコップで何かを打ち合う様な競技があれば、今なら魚沼代表には食い込めるかも…

関連記事
コメント
この記事へのコメント
筋肉痛になったり
手にマメが出来たりはしませんか?
大変なお仕事ですね。
でも、透き通るような美しい
錦鯉に育てるためだったら
きっとやりがいがあるんでしょうね。
2011/05/06(金) 22:35:27 | URL | Fancy Pool #mQop/nM.[編集]
毎日のお仕事ご苦労様です。
この石灰の純度を良くした試薬「水酸化カルシウム」を低水温時の飼育水中の炭酸ガスの除去と雨水の流入によるPHの矯正に良いと「板谷先生」が書いております。

私が鯉の飼育を始めた40年以上も前の時代は、稚魚池に鶏糞を蒔いて、それに消石灰を散布云々という技術解説が紹介されていて実践したことがありますが、石灰の効果は使い方を間違わなければ「有効」な方法と思います。
ただ消石灰には硫黄分とかが入っているのでその辺りがどうなのかは分かりません。
2011/05/06(金) 23:38:50 | URL | decodeco1950 #DGiu2GNA[編集]
Re: タイトルなし
Fancy Poolさん

仕事内容はほとんどガテン系と同じですから、
手が荒れたり、体が多少痛むのは仕方ないですね。
そういう作業も慣れれば案外楽しいものですよ(^^

それだけに、やはり鯉が綺麗に仕上がって
お客様に喜んで頂いた時は嬉しいですね。

自分が頑張れば頑張っただけきちんとやりがいが残る。
上手くできてますよ。まぁ終始泥臭い感じですが… 笑
2011/05/07(土) 11:38:48 | URL | ベン   #-[編集]
Re: 毎日のお仕事ご苦労様です。
decodeco1950さん

さすが、そのあたりの事となると自分よりも
decodeco1950さんの方がお詳しいですね。勉強になります。

この石灰の扱い方は生産者や池によって考え方が変わるようですので、
現場で慎重に接しながら効果の程を確かめていければと考えています。
父も全ての池に撒いている訳では無いので、そのあたりも研究しなくては。

いざ生産に取り組んでみると、まだまだ知らないことばかりです。
ひとつひとつ、丁寧に憶えながら自分のものにしたいと思います。
2011/05/07(土) 11:43:42 | URL | ベン   #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック