-- 最新の記事へ --
鯉の宅急便
2010年10月22日 (金) 15:30 | 編集
なんだかジブリ作品みたいなタイトルになってしまいました 笑


残念ながら魔女も黒猫も出てきませんが、今日は錦鯉の箱詰め作業を行いました。


以前ウチに来られた吉岡様よりご注文頂いた2才の鯉達を徳島まで宅配便で送るのです。


「生き物を箱詰めして大丈夫なの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心下さい。


現在は錦鯉が海を渡り海外まで行く時代。徳島あたりなら自分家の庭みたいなものなのです。


大体30~40cm程度の鯉を一袋に4匹くらいずつ入れていきます。

_MG_82650003.jpg

袋の内部に酸素を詰めると同時に、仕上げに塩を0.6%程度の濃度で入れてあげます。

_MG_82730002.jpg

「塩?入れていいの?」」と思われますよね。しかしこれが凄く重要。


淡水魚にも関わらず、錦鯉はこれで元気になるのです。不思議な生き物ですよね。


むしろ適度な塩分が無いと体調不良、下手するとポックリ…なんて事になってしまいます。


もし水槽飼育などで錦鯉を飼われる場合はぜひ塩を適量入れるのをお勧めします。


もっともポンプなどは傷みやすくなるので、鯉を取るか機械を取るか、難しいところですが。


こうして一通りの作業が終わるといよいよ箱詰め。

_MG_82660001.jpg

新聞紙を掛けてあげるといくらかおとなしくなるので蓋を閉じて発送します。


ウチはクロネコヤマトさんと契約しているので後はそちらにおまかせ。


大体丸一日程で徳島まで着いてしまいます。早い早い。


あれ?クロネコ出てきましたね 笑


思わず猫バスみたいなクロネコが鯉をくわえて徳島まで走っていく絵が浮かんじゃいました。


ジブリ作品みたいに、多くのお客様のもとに笑顔とありがとうを届けてくれるといいなぁー。


しかと頼んだぞ、クロネコさん!



※読み終えたらワンクリック、お願いします↓


関連記事
コメント
この記事へのコメント
疑問
いくらなんでも6%は溶けないんでは
0.6では
2010/10/22(金) 23:28:32 | URL | ふにゃ #-[編集]
Re: 疑問
ふにゃさん>
ご指摘を受け、計算しなおしたところ確かに0.6パーセントでした… 汗
飼育に関する部分でこの計算間違いは駄目ですね。
すぐに記事の方を書き直そうと思います。
本当にありがとうございました(^^
2010/10/23(土) 17:39:06 | URL | ベン   #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック