-- 最新の記事へ --
熱すぎるモツ焼き
2011年08月03日 (水) 02:08 | 編集
今日までに書きたかった事が溜まり続けているため、久々に連投での更新です。


時間は少し戻りまして、雨もようやく収まり天候の回復した去る先月31日の事。


午前中に全ての野池・親鯉・お預かり鯉達の無事を確認し、出動要請も来ない事を


入念に確認してから急いで向かったのが地元、南魚沼市にある八色の森公園でした。


その目的は東京から南魚沼へとやってくるとあるお客様と久々にお会いするため。


そのお客様とは自分が上京した際にお店の近くを通る度に遊びに行っている


東京曳船駅傍に建つ 創作和食 饗 (下がお店の画像) のオーナーシェフである



伴さんと二代目こと山さん、更にご友人のかばちゃんさんとむっちゃんさんの面々。


かばちゃんさんとむっちゃんさんは初対面とは思えないほど打ち解けてしまいました。


やはりジョジョは何よりの共通言語となりますね。人を繋ぐ偉大な作品に感謝です。

_MG_6666.jpg

BBQ(この辺りでは延々とホルモン中心で肉を焼き続けるため『モツ焼き』と呼びます。)の


お肉は自分をボクシングジムへと誘い、スパーの度にボコボコにされお世話になっている


(有)まきば の一成さんが自慢の魚沼健康豚のホルモンを持ってきてくれました。


自分にとっては祝い事や集まり事の際にはこのお肉を食べて育った故郷の味なのです。


いつもながらの美味しいお肉、本当にご馳走様でした。次回も楽しみにしてますね (^^

_MG_6667.jpg

伴さんと山さんは昨年、一成さんがご縁で魚沼で初めてお会いした方なのですが、


三人ともこれほど熱い人が居るのかっ!!とガツンと衝撃を受けた人物なのです。


仕事に対する姿勢や経営に対する考え方(+滑りを恐れない攻めのトーク術 笑)


全てが新鮮かつ強烈。分野は異なれど、圧倒的な情熱を持って日々に臨まれている


皆さんの話は聞いている側のこちらも熱く燃えてくるものがあるんですね。


熱くなりたければ、熱い人の傍に行くべしが信条の自分としては最高の面子。


そのため何があろうとこの日はモツ焼きに参加するつもりで居たのですが、


まさかあれ程の豪雨になるとは…。当日に晴れてくれて本当に良かった…。

_MG_6734.jpg

食後は皆で童心(全力で動くと自然とこうなりますね)にかえって広場で運動。


この時間を過ごせたおかげで豪雨で張り詰めていた気持ちが随分和らぎました。


もしここに参加できていなければ、今頃は一人塞ぎこんでいたかもしれません…。


翌日、東京へ帰る前にウチの錦鯉を三人が見に来てくれました。初めて見る親鯉と


生簀内の暑さに三人とも驚いてましたね。かばちゃんさん、リアルバキですよ 笑

_MG_6757.jpg

こうして本当に短い間でしたが、楽しく充実した時間を過ごさせて頂きました。


皆さんから貰ったこのエネルギーで今後の難局に立ち向かって行こうと思います。


やはり出逢いの力って凄いですね。改めてそれを強く実感した一日となりました。


人と人。微かなご縁が生み出す大きな出逢いの力。それらに只々感謝です。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
すっごっ
リアルバキwww
6パックどころの騒ぎじゃないね。
あの大雨が信じられないくらいの良いお天気ね。
2011/08/03(水) 15:36:01 | URL | naonyan #0xvSN/bU[編集]
ありがとうございました!
今年もとびっきりの元気を頂きました!
ありがとうございます☆

当日も見事なまでの快晴に恵まれて良かったね♪

来年も是非宜しくお願い致しますm(__)m
2011/08/03(水) 16:24:14 | URL | 創作和食 饗~KYO~の伴です #ONTwP2Ic[編集]
Re: タイトルなし
naonyanさん

ちょうどモツ焼きの前日に雨が止んで、
この日が久しぶりの晴れだったんです。
雨だったら確実に出動が掛かってましたね。

かばちゃんさんは少し鍛えると
腹筋が8個になるらしいですよ (^^;
背中もオーガが現れる寸前でしたから、
間違っても戦いを挑んではいけませんね。
普通の人間である自分はバキの中では
断然、芝千春に憧れてしまいます… 笑
2011/08/03(水) 17:07:31 | URL | ベン   #-[編集]
Re: ありがとうございました!
伴さん

こちらこそ伴さんはじめ皆さんにお会い出来て
本当に充実した一日を過ごさせて頂きました。
ありがとうございます(^^!

またその内に遊びに行きますのでその際は
よろしくお願いしますね!

2011/08/03(水) 17:10:53 | URL | ベン   #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック