-- 最新の記事へ --
舞台は整いました
2011年10月15日 (土) 19:06 | 編集
朝から大粒の雨が降りつけた魚沼。気温も一気に下がり外で動くには寒い一日でした。


そんな中で行われた設営作業も午前中には無事終了。さぁ、戦いの舞台は整いました。


今日の一枚。品評会の設営を終えた帰り道、自宅へと車を走らせていると農道脇に


たわわに実った大ぶりの柿を発見。まだ青い実もチラホラ見られたので完熟までは


あと少しと言った所でしょうか。最近ではこうした生り物は野生の猿達が我が物顔で


持っていってしまうため、山際に近い田畑を持つ農家さんの悩みの種になっています。


あちらを立てればこちらが立たず。上手な住み分け方法は無いものでしょうかね…。



さて、いよいよ明日にせまった第31回魚沼市錦鯉品評会。今日はその会場設営でした。


毎年恒例のイベントという事もあり集まった多くの生産者さん達の手際は実に鮮やか。


丸プールの組み立て、次は水張りと見る見る会場が形作られていきます。うーん、凄い!


いつでも鯉を運び入れる事が出来る状態にして作業は終了。明日の本番を待つ事に。

_MG_5257.jpg

家に戻ってからは出品鯉の選定と体長の測定作業。錦鯉の品評会では多くの場合、


品種と体長で各部門が分かれているためきちんと体長を図る必要があるんですね。


小さい鯉はこうして楽に図る事が出来ますが、1メートル近くにもなる親鯉などの


測定はもはや鯉vs人の総合格闘技。本気で暴れる鯉の力、想像を絶しますから!

_MG_5280.jpg

先日撮り残していた出品鯉の写真撮影も無事終了。色々と悩んだ末にひとまず


この二本は明日会場に持ち込む事が決まりました(画像クリックで大きくなります)

_MG_5099.jpg _MG_4834.jpg

今も居間では父がどの鯉を出品するか頭を悩ませていますが、今回は合計10本前後の


鯉を出品する事になりそうです。どれを出すにせよ、それぞれが丹精を込めて育てた


自慢の鯉達。生産者としては出来るだけ良い結果が出るように後は祈るのみです。


魚沼市周辺の生産者達が己の美を競い合う第31回魚沼市錦鯉品評会。入場無料との


事ですから、もしお時間があれば覗きに来てみてはいかがでしょうか。(詳細です→


さぁ、いよいよ幕を開ける熱い熱い一日。皆、精一杯頑張ってくるんだぞ!

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック