-- 最新の記事へ --
第31回魚沼市錦鯉品評会
2011年10月16日 (日) 17:48 | 編集
昨日は雨がパラつく生憎の空模様となった魚沼。本降りにならなかったのが幸いです。


あまり天気が良いと袋詰めの鯉が弱ってしまうため、そういう意味では展示日和でした。


今日の(厳密には昨日の)一枚。多くの人手で賑わう会場内の片隅でなんともド根性


溢れるコスモスを発見したので思わず撮影。ほんのわずか、側溝脇のコンクリートに


堆積した土に根を張った株から大輪の花を咲かせる様は生命力の強さを感じますね。


微かなチャンスを逃がさず、開花へと繋げる。このしぶとさはぜひとも見習わなくては。

_MG_5353.jpg

さて、先日更新できなかった(反省しております)品評会のレポート、一気にいきます!


パラついていた雨も開場と共に晴れ、当日は品評会日和となりました。ホッと一安心。

_MG_5318.jpg

こちらがウチの体長60cm以上の部門に出品した鯉達。こうした大きな鯉は生産者ごとの


丸プールに放して(一応名前は伏せてありますが)それぞれの部門ごとに審査されます。



審査風景。錦鯉の審査は複数の審査員による多数決でそれぞれの入賞が決まります。


今回ウチが70超部に出品した昭和は惜しくも一票差で優勝を逃してしまいました。残念!

_MG_5356.jpg

50cmまでの鯉はこうした袋詰めの状態で審査されます。昔は他の大きな鯉と同様に


プール審査でしたが、魚病対策などの観点から今ではこれが一般的となっています。

_MG_5330.jpg

審査結果。60cm以上の出品では70部その他の部で浅黄が優勝。昭和二本がそれぞれ


準優勝を頂く結果となりました。期待していた三色二本は残念ながら入賞ならず…。


出品前は父と「三色あたりが頑張るんじゃない?」と予想していただけにちょっと意外な


結果でしたね。まぁ、このような様々な評価が頂けるのも品評会の醍醐味ですが。笑

_MG_5378.jpg

こちらは60cm以下の部。こちらも期待していた三色と白写りはそれぞれ入賞ならず、


銀鱗落ち葉と紅白が準優勝を頂く結果となりました。うーん、面白いもんですね。笑


結果を撮る事に集中していてプール内を撮り忘れるという失態のオマケ付です。(-_-;

_MG_5379.jpg

こちらが今回全体総合優勝を受賞した父の養鯉仲間でもある兼蔵さん作出の昭和三色。


ズンッと肉が入った体にバランス良く墨と緋盤が乗ってますね。お見事な一本です。

_MG_5369.jpg

今回会場にいて強く感じたのは、今は本当に昭和隆盛の時代だと言う事です。種別の


出品でも三色の出品本数に比べて昭和は軽くその二倍から三倍以上の出品本数!


これでは否が応でも昭和は激戦となりますよね。この状況を鑑みて、これからウチが


どのような鯉作りをしていくべきかよく考えてみたいと思います。人と似た様な事を


していては似た様な結果しか得られないのが世の道理。それではつまらないですから。


やはりこういう場に来るのはいい勉強になりますね。とにかく日々精進あるのみです。


今日は午後から立て鯉池の池上げ。さて、どんな仕上がりを見せるか…楽しみです!

関連記事
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/17(月) 02:18:31 | | #[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック