-- 最新の記事へ --
たくさんのありがとう
2010年11月05日 (金) 22:54 | 編集
魚沼は昨日までの好天が嘘の様にどんよりとした空模様。肌寒い風が身を引き締めてくれます。


野池のある山際も秋真っ盛り。赤に黄色に、秋メイクに余念がありません。



今日はお客様から飼育を依頼されていた預かり鯉の池上げでした。


「預かり鯉」とは、お客様から鯉を預かり、野池などで飼育を代行している錦鯉の事です。


自分で生産する他に、池や設備を使って飼育を代行する事も養鯉業界では広く行われているのです。


しかし、これが自分の鯉を触るよりも実に神経を使う仕事なのです


なんせ生き物を預かる訳ですから、慎重に管理していても何が無いとは言い切れません。


当然中には死んでしまい、上がってこない鯉も居たりします。これが心臓に悪い


また、無事に上がってきたとしてもお客様の満足のいく仕上がりでなければなりません。


常に期待以上の鯉を求められるという大変に難しい・しかしやりがいのある仕事なのです。


無事に上がってくれと願いながら、水を落とした野池に入り一匹ずつ慎重に上げていきます。

_MG_94610004.jpg

一枚鯉を取り終える度に、自宅前のたたきに降ろしていきます。

_MG_94690001.jpg

やはりパーフェクトとはいかず上がってこない鯉が何匹か居ましたが、全体の仕上がりは上々!


今日は合計で三枚の野池を上げましたが、どれもお客様にご満足頂けました!


いやー、良かった!


これが終わるまではやはり肩の荷が下りませんから


一回り大きくなった自分の愛鯉を見ながら、皆さん思い思いに時間を過ごされていました。

_MG_94830002.jpg

お帰りの際には「ぜひ来年もお願いしますね」という本当に嬉しい一言も頂けました!


お客様の大切な鯉を預かるからこそ頂ける、感情のこもったお言葉とたくさんの笑顔。


これが預かり鯉の醍醐味ですね


逆に厳しい事を言われる時も多々ありますが、それもより良い鯉を創るための貴重な金言。


お客様から今よりももっともっとたくさんの「ありがとう」を頂くために、


今以上に勉強・実践・創意工夫を頭に浮かべながら仕事に望もうと思います!



※読み終えたらワンクリック、お願いします↓


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック