-- 最新の記事へ --
冬に向けて
2011年11月23日 (水) 22:01 | 編集
世間的には勤労感謝の日という事で祝日の本日。魚沼は一日良く晴れてくれました。


普段から曜日より天候の方が気になる生活をしているため、祝日も味気ないものです。


今日の一枚。野池が片付いたとは言え本格的な冬を前にやる事が山積みのこの頃。


自宅周りの雪囲いなどで終日慌しくしていると気付けばすっかり日も傾いていました。


ちょうど夕日が射し込んだ生簀はシルエットが浮かび上がりなんだか凄くドラマチック。


見慣れた景色を一瞬にして劇的に変えてしまう夕暮れの力って本当に偉大ですね…。



さて、先日ようやく野池が片付き気分的には一息付きたい所なのですが、全国的にも


有数の豪雪地帯である魚沼地方では冬を前にやらなければならない事が多いのです。


その中でも最も手間が掛かるのがこの雪囲いという作業。新潟に降る雪は水分を多く


含むため重く、庭木などはこうして周囲を囲ってあげないと雪で潰れてしまうんですね。


庭などの全ての木々をこうやって一本一本囲っていく訳ですから骨が折れるんですよ。

2011_121.jpg

裏庭では落ちたイチョウの葉の片付けが同時進行。綺麗な葉も地に落ちてしまえば


朽ちにくい邪魔者に早変わりなんです。本当にまぁよくぞここまで積もったもんです。


父が掻き集めた葉を山際まで捨てに行くのが自分の係。一番損な役目ですね 笑

2011_122.jpg

こうした作業を雪が降り出すまでに全て終わらせなくてはならないのが雪国の辛い所。


この土地で生まれ育った人間にとっては当たり前の事なのですが、他県などからここに


来た方などはやはり冬前のやる事の多さに驚かれるようですね。いざ雪が降ってくれば


今度は日々の除雪に雪下ろしとこれまたやる事が盛り沢山。下手すると一年で一番


忙しいのは大雪が連日降る冬の間かもしれません。今から覚悟をしておかないと…。


作業はまだ始まったばかり。魚沼の晩秋は冬支度に追われながら過ぎていくのです。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です
孔雀帰還しました。どうもありがとうごいました~~!
来年は結構預けるかも(笑)

先週の金曜日は兼蔵さん、星野芳一さん、磯辺さんと行きました。
今度はぜひ伺わせてもらいまぁ~す♪
2011/11/24(木) 19:51:51 | URL | レッズ #-[編集]
Re: タイトルなし
レッズさん

無事届いた様で良かったです。
来年もぜひまたよろしくお願いします!

結構積極的に動かれているんですねー。
こちらにいらっしゃる際にはぜひご連絡
下さいね。父共々お待ちしておりますよ(^^
2011/11/24(木) 22:05:29 | URL | ベン   #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック