-- 最新の記事へ --
給餌風景
2011年12月11日 (日) 19:32 | 編集
清々しい冬晴れもわずか一日で終了。朝から冷たい雨が降り続いている魚沼です。


昨夜の皆既月食も見れたのはかすかに月が欠け出した所まで。曇り空が恨めしい…。


今日の一枚。作業の合間、少し息を付きたい時に何を飲むかというのは結構好みが


分かれる所だと思います。その二大党派は恐らくお茶とコーヒーではないでしょうか。


同じ環境で暮らしている家族内でもこれが意外と分かれるから不思議なものです。


ウチでは父以外は皆お茶派という構成。爺・婆の嗜好を引き継いだんでしょうかね 笑



さて、今日はどの鯉も元気に泳ぎ回っている当才生簀から三色の給餌風景をお届けです。


外の冷え込みなど知らぬ風でどの鯉も忙しそうに泳ぎ回っていました。餌を与える前から


他を押しのけて猛然と寄ってくる鯉も居れば、申し訳無さそうに隅で餌をつつく鯉も居たりと


同じ品種内でも結構性格に差が出るので見ていて面白いですよ。人間みたいだなぁ 笑

_MG_0806.jpg

この錦鯉の性格ですが異なる品種毎に比べるとやはり顕著な差が見られ、無地物や


浅黄など基本的には原種に近い鯉ほど気性が荒く、御三家(=紅白・三色・昭和)など


品種改良が進んだ鯉は他の品種より比較的穏やかな性格をしているように感じます。


血に残る野生の記憶というのは何代を経ても行動に影響を与え続けるものなんですね。


「俺、草食系だから…」なんて言ってたら鯉の世界では餌は食えないんだろうな 笑

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック