-- 最新の記事へ --
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鯉の宅急便2
2010年11月08日 (月) 19:13 | 編集
先日の集まりの最中、ウチの鯉達を大学へ送る話が浮上致しまして本日はその荷造りでした。


実は在学中から事ある度にこの話は出ていたのですが、なんやかんやで流れてしまっていたのです。


今回は自分もある程度知識がつき、東京へ送り込めそうなタフガイが数多く居たため実現となりました。


送り込む第一陣として選ばれたのが彼ら。以前のエントリーで書かせてもらった与太郎達です!



与太郎とはいわば「うわー、出来ちゃったのかよ鯉」の総称です。


詳しくはこちらを参照下さい ↓
http://wadayorijo.blog64.fc2.com/blog-date-201010-22.html


こいつらの強い事と言ったらまぁ凄いですよ。


大事に育てた池の鯉達が死んでしまうような過酷な環境でも平気な顔して泳いでたりします。


魚病に対してもかなりの抵抗力を持っているようです。まさに野生児そのもの。


大学の設備が飼育に適しているかちょっと心配なので、まずは彼らを送り込む事にしたのです。


彼らで様子を見ながら、いけそうだなとわかれば別の第二陣を送り込む計画(勝手に立ててます)。


戦地に赴く猛者達。いい顔してますねエアロスミスとか聞こえてきそうです。

_MG_96650001.jpg

小さめの鯉を今日30匹ほど発送したので、早いと明日中には届くかも知れません。


大学という全く錦鯉に縁の無い若人の集まる場所で、彼らがどんな反応を受けるのか。


かなり少数でのスタートではありますが、今後の展開が楽しみです



※読み終えたらワンクリック、お願いします↓


関連記事
コメント
この記事へのコメント
武蔵野の与太郎
与太郎、大学に無事到着しました。
あの噴水のある池で元気に泳いでいます。
金鯉あり、三色あり、緋鯉あり、ずいぶんと賑やかになりました。
一匹づつ名前をつけようという話題も出ました。そしたら第一号は「ベン」ですね。
時どき与太郎レポートも入れましょうかね。
2010/11/10(水) 16:47:49 | URL | 武蔵野の与太郎 #-[編集]
Re: 武蔵野の与太郎
小松っちゃん、手塚さん、山田さんへ>
ブログスタートおめでとうございます!
しかも最初の記事がウチとは本当にありがたい話です。
一応念のため伝えておくと「与太郎」というのは品種名ではないのでご注意を。
あくまで俗称ですので誰かに詳しく突っ込まれた場合はウチに電話下さい(^^
それでは配信楽しみにしていますので、今後ともよろしくお願いしますねー♪
2010/11/10(水) 23:32:18 | URL | ベン   #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。